« 実験 | トップページ | 11月のセントラルパーク »

2006年11月 2日 (木)

紅葉のニューヨーク

Nov22ニューヨーカーは「ニューヨークは秋が一番いいよ」と口をそろえて言う。

私が越して来たのは春の終わり頃だったので、楽しみにしていた。

そして夏時間も終わり、いつのまにか11月。

本格的な冬を前に、素晴らしい紅葉の季節がやってきた。

どんどん寒くなって来た最近の気温の激変は嫌だけれど、秋晴れの中で散歩をすると、苦手な寒さも少し和らぐ気がする。

Nov25大きな落ち葉や、どんぐりを拾って来て家でも楽しむ。

帽子がまん丸のどんぐりと、細長の松ぼっくり?みたいなもの。日本で見るものとは少し違うけれど、こういうのは日本ではショップで売っている。買うのも楽しいけれど、直接自然から調達してくるのももっと楽しい。

こういう楽しみ方を教えてくれたのは、日本にいた頃、隣に住んでいた友達。

一緒に行った清水の海では流木を拾い、バリ島では貝を沢山拾っては部屋に飾る彼女。彼女は元気かなぁ。

Ny_autumn06_002さてさて話は戻りますが、現在ニューヨークではあちらこちらで落ち葉が積もりすごいことになっています。

市では、落ち葉専用のゴミ回収日を設定して各家庭にお知らせを配布し、落ち葉から肥料を作るプロジェクトを行っています。

アメリカはゴミの分別があまりなく、環境にあまり考慮していないイメージがあるけれど、こういうプロジェクトもあるとは嬉しいね。

ちなみに「NYC Conpost Project」は NYC Department of sanitation(ニューヨーク市公衆衛生局)により行われています。

|

« 実験 | トップページ | 11月のセントラルパーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実験 | トップページ | 11月のセントラルパーク »