« オレンジのさつまいも | トップページ | 日本語のフリーペーパー »

2007年1月30日 (火)

銀行の対応

久々に銀行の窓口へ行った。私が日本から持ってきたトラベラーズチェックを、夫名義の銀行口座に入れるのが今回の目的。まず、総合案内で聞いてみた。

夫「妻名義のトラベラーズチェックを、自分の口座に入れたいんだけれど、現金化しないでも直接できるかな」

受付の女性「もちろん。窓口で簡単に出来るから、それ全部にサインして、並んでね」

夫「でも、これは全部で1000ドル以上なんだ。妻はこの銀行の口座名義が無いし、全部いっぺんには駄目なんじゃないかな」

受付の女性「いいえ。全部できるわよ。全部にサインして並んでたら大丈夫よ」

夫「ほんと?」

受付の女性「ええ、もちろん!」

夫「そりゃ大変だ。この量に全部サインするなんて。でも、ありがと!」

ということで、小額のトラベラーズチェック全部にサインをしまくった末、窓口の列に並ぶことに。アメリカの銀行は、それぞれ直接並んで待つ仕組み。日本みたいに、番号の整理券を取ってソファーに座り、置いてある雑誌を読んで呼ばれるまで優雅に待つなんて事はできない。マンハッタンの郵便局なんて、1時間も待つこともあるらしいからディズニーランド並である。

窓口のおばちゃん「これは1000ドル以上あるわ。今日は1000ドルまでしかできません」

夫「でも、受付の女性に聞いたら出来るって言われたんだよ」

おばちゃん「私は知らないわ」

でた~!この「私は知らない」って言葉、アメリカにいると色んな場面で遭遇する。店員Aさんが良いって言ったからしたことなのに、店員Bさんが「そんなこと、できるはずがない」と覆すシーンはざらにある。そういう時、「店員Aさんが言ってたのに!」と言っても、「私は知らない」と一環してふんぞり返って言われるのみ。日本みたいに「分からない者が不適切な対応をし、申し訳ございませんでした」なんて謝罪することはありえないのだ。

でも、こういう時、夫も「はいそうですか」とはすぐには言わない。

夫「君が知らないのは分かってる。だけど、私が全部は出来ないんじゃないかって言ったのに、窓口の彼女は出来るって言ったんだ。チェック全部にサインしちゃったじゃないか、どうするんだ。」

とちょっと攻める。全部にサインをしてしまったトラベラーズチェック。夫の宛名になっている分は大丈夫だけれど、一部は直接現金化する予定だったから、あて先は書かずにサインのみ。これは現金も同じである。アメリカで高額現金を持ち歩くのはかなり危険。主張したとて無理であっても言う権利はある。

窓口のおばちゃんは仕方なく、銀行のちょっと各上らしき人に聞いてみる。

「ねえ、口座を持たない人のチェックは一日1000ドルまでの取り扱いよねぇ?」

各上の人「イエス!」

おばちゃんは、肩をすぼめて「ほら。言ってるでしょ~」って感じで、こっちに合図する。

こういうジェスチャーをされるのは、夫は全然平気だけれど、アメリカに着たばかりの頃の私には、意味が分からず腹立たしいものだった。あの頃は、せっぱつまった状況が多かったのもあるんだけどね。でも一番の理由は、日本の「お客様は神様です」って対応に慣れきっていたから、肩なんかすくめられると、人をばかにしてるんじゃないかと思ったものだった。でも、今は何となく慣れて来たように思う。もちろん困ることも多いし、間違った対応が多いとイライラすることもあるけれど、それと、“丁寧な対応をしてくれなくて頭に来る”のとは違う。

夫「分かったよ。仕方ない。じゃあ1000ドルだけで入金してくれ」

おばちゃんもちょっと、穏やかな顔になった。

「受付の彼女が何て言ったか知らないけれど、できないのよ。仕方ないことなのよ」

とフォロー。おまけに「明日入金するための紙も持ってく?」と意味の無いことを言って、ちょっとケアしてくれた。私達は仕方なく、全部のチェックに夫の宛名書きをして持ち帰った。

|

« オレンジのさつまいも | トップページ | 日本語のフリーペーパー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この日記を読むとねえさんもだいぶNYの暮らしに慣れてきた様子。
それにしての聞いているだけで腹立たしい。日本でも良くあることだけど、同じ銀行・お店・会社・・・ちゃんとシステムは統一して欲しいよね。

投稿: deka | 2007年2月 4日 (日) 10時42分

そうだねぇ。
来た当初は、店員とお客さんが同等である事にすごく違和感を感じたけれど、それは自然になってきたよ。
最近は、物を売る側が、そんなにへりくだる必要は無いかなって思う。

投稿: だらだら日記 | 2007年2月 5日 (月) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オレンジのさつまいも | トップページ | 日本語のフリーペーパー »