« 移動アイス屋さん | トップページ | 北欧家具 IKEA »

2007年8月 9日 (木)

エルサルバドル料理

学校は夏期講習みたいなものなので、もうすぐ終わり。

ファイナルテストも終わったし、クラスもちょっとのんびりムード。8月2日のプレゼンテーションで、出身国の食べ物を発表したおじさんが、昨日は本物を差し入れしてくれて、みんなで試食。ドミニカ共和国の食べ物っていうのを初めて食べたけれど、とっても美味しかった。

そしたら今日は違う男の子が、エルサルバドルの食べ物を差し入れしてくれました!私は中南米の知識がほどんど無いので、同じような国に感じますが、実際は色々と特色が違うんでしょうね。食べ物も違うって彼らは言っていました。現在、かなりフレンドリーなクラスになっています。

Aug07_9_012_2

写真左の、左上の見た目がお好み焼きみたいな食べ物は「ププサ(pupusas)」で、トウモロコシの粉にひき肉、香辛料をまぜ、焼いたもの。タコスチップスみたいな味が本当に美味しいです!

写真左の中央、これは「Repollo」英語ではホワイトキャベツと言っていましたが、そのサラダです。コールスローみたいなもので、酢漬けで美味しい。

Aug07_9_011そしてこちらは「タマレス(tamales)」。海苔みたいに包んでいるのは、バナナの皮で、これにトウモロコシの粉の団子を包んで蒸した食べ物で、ほんのり甘くて美味しいです。バナナと言っても彼はプランテーンと言っていました。

彼に、「私がニューヨークに来て、はじめてプランテーンを見たとき、買ってそのまま食べたら、食べらなくてビックリしたよ~」って話したら、大爆笑!「本当に?そのまま食べちゃったの?駄目だよ~。プランテーンは調理して食べるものなんだからっ!」って、その話題で5分は笑っていました。きっと、その国では生まれてからずっと、誰しもが、調理してからしか食べたことの無い食べ物なんでしょうね。

言い訳する訳じゃないんですけどねっ。プランテーンって中南米料理でよくフライになって出てきますが、ちょっと甘いじゃないですか。だから、生でも食べられるんだと思ってたんです。ニューヨークに来て、近所のスーパーで生プランテーンを見つけたとき、感動してちょっとトライしてみたんですよねぇ。でも、経験上、生では食べられるものではありません・・・生だと、ボソボソして渋いです。調理するとしっとりとするのに不思議。

今度は彼らの言うように、潰して焼いたり、フライにして食べようっと!

|

« 移動アイス屋さん | トップページ | 北欧家具 IKEA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブランテーン???初耳。バナナのようなものなの?それともバナナの別名?

投稿: deka | 2007年9月 4日 (火) 22時57分

バナナのようなものだけど、バナナじゃないんだよ。
バナナより、ひとまわり大きいかな~。
じゃ、今度ブログで紹介するね!

投稿: だらだら日記 | 2007年9月 4日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 移動アイス屋さん | トップページ | 北欧家具 IKEA »