« 小さなピアノコンサート | トップページ | NYでびわが食べられるなんて! »

2007年10月27日 (土)

図書館ピアノコンサートinフラッシング

Oct27_004 初めてフラッシングへ行って来ました!

クイーンズ地区に住む日本人なのに、フラッシングに行った事が無いなんて、とアメリカ人にもよく驚かれます。なぜならば、ここはクイーンズ地区最大の中国人のコミュニティーがある、言ってみれば、クイーンズの中華街がある所だからです。チャイナタウンにあるレストランも、発祥はここフラッシングだったりして、こちらのお店の方が美味しいんだって。

Oct27_005_2今日の目的は、クイーンズ図書館。

ここで、ピアノ連弾のコンサートがあったのでそれを、観るためです。NYの図書館では、いつも色々な図書館で無料のイベントをやっていて、時にはバイオリンやピアノのコンサート、ジャズコンサートなんかもあるんですよ。

Oct27_002_2NYの公共施設は古い建物が一般的なのに、フラッシングの図書館は最新設備でビックリ!

地下に小さなホールがあって、コンサートはそこでひらかれました。図書館は中国人であふれていたのに、コンサート会場に入ったら、白人のおばあちゃん達がぞろぞろ・・なぜか中国人は半分以下になりました。

ピアニストはJoanne Changさんと Tien-Ni Chenさんというアジア系の女性二人。ピアノを弾く二人の姿が見た目にも美しく、なんだかアジア人女性の魅力をすごく感じました~。それに、手が交差したりと、細身の二人だからこそできるような連弾で、技術もすごかったです。

Oct27_006 コンサートが終わったら、街を少しうろうろして、買出しをして帰りました。

写真は、スーパーのお魚売り場。新鮮な魚がいっぱいです。

私が買出ししたのは野菜。ゴボウがある~!と思って見ていたら、黒人のおじちゃんが近寄ってきて

「これはいったい何だい?食べ物かい?」

と笑って話しかけて来ました。確かにゴボウって変わった野菜に見えるかも。日本人だと話したら、

「日本は中国と食文化が似てるのかい?ドミニカ共和国とトリニダードトバゴみたいなもんか?」

と言っていました。中南米の国は食べ物が近くて、とうもろこしなど食材も一緒。中国と日本はそこまで近くないかもしれないけれど、でも彼なりの理解の仕方だなぁ~って思いました。世界は広いですね。

|

« 小さなピアノコンサート | トップページ | NYでびわが食べられるなんて! »

NYクイーンズ地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さなピアノコンサート | トップページ | NYでびわが食べられるなんて! »