« 海を見に行こう!~コニーアイランド~ | トップページ | 日本人の宗教観って? »

2008年5月27日 (火)

GR~簡単に読める洋書~

May_08_27_002 GRって知ってますか?洋書なんですけれど、ある特定レベルの簡単な英語で書かれた本です。言い変えれば、英語学習者のために書かれた本。なので、私にも楽しく読むことができるんですよね。

アメリカ人の子供用の児童書もいいけれど、子供向けに書かれた物だから、やっぱり話がちょっとつまらなかったり物足りないこともある。でも、GRは大人が単純に楽しんで読めるように出来てるところが素晴らしいです。それに児童書は特殊な英語表現とか知らない単語も沢山出て来くるので、途中で「う~ん・・・」と意味が取れなくなったりする事が多々。その点、GRは単語数がレベルごとに分かれているので、辞書はほとんどひかなくても読めるんですよ~。読む流れを止めなくてもいいから楽ちん

May_08_27_004 簡単だからって読んでて、それで勉強になるのか?とも思ったりするのですが。でも、英語で考えながらストーリーが展開して行くこととか、簡単でも沢山読むことで英文に慣れることができるから、いいんじゃないかなって思います。

残念ながら・・・GRって日本では、ちょっと大きい本屋さんだったらどこでも売ってたのに・・・なぜか、ここアメリカでは手に入りずらいんです~。イギリス人とかアメリカ人とか英語を母国語とする人たちが作者なのになぜ~?!と思うのですが。NYの大手本屋さんでも「うちはアメリカ人を対象にした本屋だからねぇ」と言われて、結局その本屋さんのインターネット申し込みで取り寄せてもらったりしています。ネット注文もいいけれど、日本のようにGRコーナーで、選り取りみどりの中から、中身を見て選んで買いたいよ~

May_0817_005図書館でも「置いてない」って言われていたのですが、インターネット検索で他の図書館に置いてあるのを発見!それ以来、少ない中から細々と探しては予約しています。

それで連休明けの今日、借りてた新作DVD「バッドマン」を返却して、ついでに予約しておいた本も引き取って来ました~。

こんな風に、アメリカの図書館では、自宅からインターネットで事前に本を予約しておくことができます。このインターネットシステムは、初めて知ったとき便利~って思いました。図書館も広いし、どのコーナーにあるか分からなかったりもするので、読みたい本が決まってる場合は助かります。それに在庫のない本は、他の図書館から取り寄せてくれて、準備が出来るとメールで知らせてくれる仕組みになっています。

ついでに言うと、借りてる本は期限を過ぎると罰金。最初はびっくりしたけれど、皆の本だから、ルールを守るためには合理的かも。それに、これもインターネットで貸し出し期間延長をすることができます(新作とか予約でいっぱいの場合は不可だけど)。

ちなみにGRとはGraded Readersのことです。出版社はOxford University Press, Cambrige University Press, Macmillan Readers, Penguin Readersその他沢山あります。名作、本当の話、新作など様々で結構楽しめます。レベルごとに分かれていて難しいものに段階別に読み進めるようになっています。

|

« 海を見に行こう!~コニーアイランド~ | トップページ | 日本人の宗教観って? »

英語の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海を見に行こう!~コニーアイランド~ | トップページ | 日本人の宗教観って? »