« ストリートフェア | トップページ | 海を見に行こう!~コニーアイランド~ »

2008年5月21日 (水)

本当は日本に行きたかった

エクアドルから来たクラスメート(18歳)にちょっと前から聞いてみたかった事を聞いてみた。

「お母さんいくつ?」

「38歳」

「ええ~っ!!

中南米の人たちは、結婚&出産が早いとは思っていたけれど、本当に早い。しかも彼にはお兄さんがいて、さらに妹たちもいて、一番下には5歳の弟もいるとか。すごいね。でも、これくらいの文化の違いで驚いてはいられなかった。

話は変わって、授業中にカメルーンから来た生徒の兄弟の話になった。なんだか話がこんがらがってきたので生徒の誰かが質問した。

生徒「兄弟姉妹は何人いるの?」

カメルーン君「20人くらい」

みんな「ひえ~っ!」

お父さんには、奥さんが2人いて、それぞれに10人くらいずつ子供がいるのだとか。大家族が一緒に住んでいるわけではなく、お父さんはお父さんの家に住んでいて、お母さんの家はそれぞれあって、お父さんが妻を訪ねに合いに行くというスタイルなのだそうです。首長ともなると、妻はもっと沢山いるので、子供は100人くらいになるのだとか。

先生「宗教はなに?」

生徒「クリスチャン」

先生「いいえ。クリスチャンは一夫一婦制なはずよ!」

なんて、もめてた(笑)。確かにクリスチャンは一夫多妻は認めてないと思いますが・・・。

でも、今は制度が変わって、何人もの妻を持てなくなっているのだそうです。

その後、彼が韓国人の男の子と話している内容を聞いて驚いた。

カメルーン君「僕は本当は、日本に行きたかったんだよ。でも、日本語は言語がすごく遠くて難しいし、日本はビザを取るのも難しいから、アメリカに留学に来たんだ。」

私がすかさず質問「おおーっ日本?なんで日本が好きなの?」

カメルーン君「カメルーンには日本人が沢山すんでいて、僕は日本人が好きなんだ」

アメリカに来ると、日本という名前は知ってても、地図の場所すら知らない人も多く、遠い異国の小さな国だと思い知らされる。だから、本当は日本が好きと言われると、それは、嬉しい。

でも、アメリカに比べたら、ビザを取得したり留学したりするのは難しいだろうなと想像がつく。日本語や日本文化に興味のある人を受け入れる体制のない日本も、もったいないな~と少なからず思った。

 

 

|

« ストリートフェア | トップページ | 海を見に行こう!~コニーアイランド~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストリートフェア | トップページ | 海を見に行こう!~コニーアイランド~ »