« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月26日 (木)

Turkish Breakfast~トルコ式の朝食・伝統的スタイル~

「今度、トルコ式の朝食を作りに行ってあげるね!」と言ったトルコ人の彼女。今日は材料を持って家にやってきた。相変わらずすごく元気

なんでもトルコでは、伝統的な朝食スタイルがあるのだとか。多くの品目を食べるため、平日はできないけれど、休日になると家族で親戚の家や友達の家におしかけて一緒に食べるのが習慣なんだそうです。普通は、前日に電話して「明日の日曜日あいてる?じゃあ行くね!」とするのだそうだけど、今日の場合は、彼女が材料を手に入れなければならいので、2日前に決まった。

多くの品目と言っても、火を通して作るのは一品のみ。

MELEMEN(メレマン)

Mar_0926_0081.オリーブオイルで微塵切りにした玉ねぎを、きつね色になるまで炒める。

2.微塵切りにしたピーマン、トマトを入れて少し弱火で煮る。

Mar_0926_010 3.卵を入れて、かきまぜる。塩コショウで味付けする。

4.卵が好みの硬さになったら、できあがり。(好みで辛いスパイスを入れてもいい)

Mar_0926_018 メレマンの出来上がりは、お皿の左奥です。

とても美味しいのでお勧めです!

材料からも分かるように、日本でも馴染みのあるものばかりなので、”外国の味”が苦手という人でも大丈夫だと思います。

なぜ今までこういう作り方をしなかったの?って感じです。

Mar_0926_006 他はチーズとオリーブ。チーズは数種を食べるらしく二種類持参してきてくれました。右の白いのがトルコのだそうですが、しょっぱくて、やわらかく美味しい!オリーブは、トルコでは黒オリーブが主流です。

奥にあるのは、ラズベリージャム。ジャムもストロベリー、ブルーベリーなど種類が色々あるり、家庭でも作るそうです。

Mar_0926_005 かかせないのがSIMIT(シミット)というパンです。

ドーナツ型で表面が硬く、ごまがまぶしてあります。トースターで焼くと香ばしくさらに美味しくなります。これは大きいサイズだけれど、本来は手のひらサイズだとか。それでもアメリカでトルコ式のパンが手に入るんだからすごいですよね。(ちなみに、アンパンやメロンパンも日系のパン屋さんへ行けば手に入りますし、他の国のもそうです)

そして、サラダ。これは生野菜(トマト、ピーマン)を切って、オリーブオイルを少しと塩をふるだけです。これも、やったことが無かったのだけど、簡単だけど美味しいので、いいこと教わった!

最後に、紅茶。トルコ式のは無いので普通のリプトン紅茶で代用しました。

そして出来上がり~

Mar_0926_012 確かに、種類が豊富ですよね。

朝食と言っても実際はブランチで、お昼頃にかけて数時間、ゆっくり食べるのだとか。

トルコに旅行したら、ホテルでこの「トルコ式の朝食」が食べられるそうです。

でも、私が思うには、この沢山の食べ物を親戚や友達の家族とみんなで、ゆっくり食べる事に意味があるんじゃないかな~と思います。

食後、友達がトルコに住んでいた時の「トルコ式の朝食」風景の写真をネットで見せてもらったのですが、親戚とソファーに並んで笑っている写真だったり、外のテラスでは、いとこと一緒に食後のあいたお皿を目の前に紅茶を飲んでいたり。

写真を見ながらお互いに「親戚や友達の家族が、朝食を招待するくらい近い存在というのも素敵だね」「子供の社会性を育てる上でも大切だよね」なんて話していました。

「トルコ式の朝食」には、そういう意味がふくまれてるんじゃないかなって私は思いました。

 

 

| | コメント (4)

2009年3月18日 (水)

ベセスダの噴水

今日は、とても暖かい日でした。

”あ~春が来たね。嬉しいね”

などと言いながら、友達とセントラルパークへ行って来ました。

ここは映画でよく使われる、ベセスダの噴水です。夏になると真ん中の銅像のところが噴水になって綺麗なんですよ。

Mar_0918_004 ベンチに座っていたら、隣で中国人のおじさんが、何やら代わった楽器を演奏

胡弓でも無いけれど、弦をふるわす楽器で、見たことがないけれど、昼下がりに聞くのには気持ちよかったです。

池にもボートが沢山出ていました。

Mar_0918_007 奥に見える白い建物は、高級レストランなんだそうです。緑が出てきたら気持良さそうですよね。

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

PRET A MANGER ~軽食屋さん~

Mar_0912_007

今日のランチは、プレット・ア・メンジャーという軽食屋さんへ寄りました。イギリスのチェーン店だそうです。

サンドイッチ、スナック、コーヒー、ジュースなどが買えるお店で、ファーストフードはちょっと・・という人をターゲットにしています。だから、店舗もオフィス街とかで見かける事が多いです。

 

Mar_0912_002

Mar_0912_001Mar_0912_004 店内はそれほど広くないのですが、清潔で入りやすいです。食材の新鮮さにこだわっているお店なので、価格は高め。サンドイッチが7~8ドルします。

でも、商品はオリジナルなので、どれも良い品質。よく見かけるような、パンより厚いお肉のサンドイッチとか、チーズぼってりで野菜無しとかじゃなく、どれを取っても野菜もちゃんと入ってて美味しそうです

Mar_0912_005サラダボックスを食べたのですが、チキンとアボカドが入ってて結構お腹いっぱいになりました。

今回はコーヒーにしましたが、オーガニックの紅茶ボトルも美味しいです。

NYには何店舗かあるのですが、ここはブライアントパークの向かいにあるお店です。暖かくなったら、ここでサンドイッチを買って、ブライアントパークで食べるのもいいでしょうね。

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

大草原の小さな家の原作から

Mar_0912_011 私は子供の頃、「大草原の小さな家」というアメリカドラマが大好きでした。母親も姉も好きで、NHKの再放送があるたびに見ていたと思います。

もちろんアメリカでは名作と言われるドラマで、NBCで長年放送されていました「Little House on the Prairie」。

その原作の本を図書館で見つけて来ました。ローラ・インガルス著で、原作名は「Little House in the Big Woods」(大きな森の小さな家)と題名もちょっと違います。中身も違うらしいのだけれど、原作のファンも多い名作らしいので読んでみることにしました。

まだ第一章なのだけど、ちょっと驚きが隠せない。。。何と言うか、ワイルド過ぎる・・・。

お父さんは豚を飼っていた。以前、野生の豚を取って来たのだけれど、太らせて食べるために育てていた。ある日、豚の鳴き声がするのでお父さんが出て行くと、熊が豚を狙ってるところだった。お父さんは銃で射止めようとしたけれど、熊の逃げ足が速く、射止める事ができなかった。それを聞いて、ローラは残念だった・・。

私は、ローラは熊が怖いから、射止められなくて残念だったのかなと思ったのだけれど、違いました・・・。

ローラは残念だった、なぜならローラは熊肉が大好物だったから。

え゛ーーー?!私としては思いもしなかった理由?でビックリ!さらに、

お父さんも同じく残念だった。でも、お父さんはこう言った「だけど、ベーコンは守ったぜ!」

ベーコン?!

豚=ベーコン  って、もちろんワザとの表現なんだけれど、でも、ものすごく直接的!

さらに、その後、豚をとうとう解体する日がやって来ました。最近の映画みたいに子供が「可愛い子豚ちゃんを殺さないで!」とか言うかと思いきや、家族みんなで大喜び。

お父さんとおじさんは、豚を解体した。その日はやる事が沢山あって大忙しだった・・・毛をそいで、解体した内臓を木の上で冷やし・・冷えた後、色んな部位に分けた。肩、お腹、心臓、肝臓、舌・・・。

淡々と書いてあるけど、これまた、すごくリアル。。

膀胱と尻尾は子供たちにくれると約束していた。お父さんは膀胱の片側を絞り、膨らませてくれた。それは白い風船になって、私と姉はそれを蹴って遊んだ。尻尾は、炭のオーブンに入れると、お母さんが塩をふってくれた。すごくいい香り。近づきすぎてローラは焼けどをしたけれど、そんなの気にかけなかった。

オオ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

子供用の本なのに、かなりショックを覚えたワタシです。。やっぱり、農耕民族の昔話を聞いて育った私には衝撃的です。。

それに、狼が家を狙っていて、お父さんが銃を持って家族を守る、などというシーンもあったり。

日ごろ、銃規制なんて先進国では当然なのに何で反対者がいるんだろう?と思うのですが。反対者は「銃はアメリカ人の文化だ」「狩をするのは文化だ」「身を守るのは権利だ」と言うけれど、いまいちピンと来ない。でも、こういう本を読むと、自然と銃文化ってこういう時代からなのね。善良な市民が野生から家族を守る為、狩をして食べて行く為に使っていたのね。。なんて思ったりしました。

逆に言うと、本の影響力って言うのもあるので、美しく書きすぎると危険ですよね。実際、この原作ではネイティブアメリカン(インディアン)の事を悪く書いていたりするそうで、差別だという意見もあるようです。

有名な映画なんかでも、原作は激しいっていうのがありますが、本当のアメリカが見えたりして勉強になりますよね。  

 

| | コメント (2)

2009年3月 6日 (金)

ラップみたいな早口英語

カリフォルニアから帰ってきて、ずっと風邪をひいていたので久々に友達に会った。

「元気だった~?」などと言いながら、グランドセントラル駅の地下のフードコートで盛り上がっていると、黒人のお兄さんが、何やら最新型の携帯を片手に話しかけてきた。

携帯のセールスだとは思うのだけど、ラップみたいな早口でまくしたててるので何を言ってるのか全然分からない・・・。友達と私は、顔を見合わせた。。

彼女は微笑んでるだけで、何も言わない。けど、彼の話は止めなければ、ずーっと続いて行く感じだったので、私が話をさえぎって、

「あの。私たちは英語を勉強中の生徒なの。あなたの英語は、早すぎです」

失礼な言い方かもしれないけれど、遠まわしな言い方が分からないから仕方ない

彼 「あ、そうなんだじゃあ、そっちの君は?」

友達 「え?」

彼 「君の言語は何なんだい?」

友達 「トルコ語」

彼 「あ、そうなんだ。。じゃあ、よい一日を!」

友達・私 「よい一日を!」

英語力がかなりある人でも、映画などの黒人同士のスラングは聞き取れないという。あのラップみたいなアクセントのあまり無い、早口な英語を聞き取れるようになったら凄い。

 

 

 

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

ベトナム食材

カリフォルニアの友達の家では毎日が日本食だったので、NYへ戻ってきても、すぐには現地食に戻せない。。ということで、中国系スーパーで買出ししてきました。

アジアの野菜を購入。エリンギなんて久しぶり~。日本のうどんもここでなら手に入ります。

Mar09_002 ベトナム料理のフォーセットも購入。

フォーは4人分くらい $1.49

専用コンソメは1個 $0.69

ニョクナム(ベトナム料理のお醤油みたいなもの) $2.29

パクチー(写真に撮らなかった)1束 $0.50

安い!!

ただし、あまりに種類などが豊富なので、大分選ぶのに時間がかかりました。アジアから遠いのに、日本よりも沢山あってすごいな~と思いました。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »