« タジキスタン家族のお肉屋さん | トップページ | グッゲンハイム美術館 »

2009年4月11日 (土)

スカンジナビア・ハウス

Apr_11_09_005 NYも、ようやーく春らしくなってきました~。

早咲きの桜をちらほらと見かけるようになると、ああ、やっと暖かくなるんだわ。。と思って嬉しくなります。

今日は、その桜に誘われて、桜のある方向へ方向へと歩いていたら・・・。

素敵なお店を見つけました

Apr_11_09_009 パークアベニュー沿いの桜の向かい。ここは、スカンジナビア・ハウスです。

スカンジナビア半島のコミュニティ団体のビルだと思います。

NYには、こういった色んな国の団体のビルがあり、ジャパン・ソサイエティでは、お茶や生け花教室があったり、日本人芸術家の展覧会の催しなどもしています。

ここ、スカンジナビア・ハウスでは、スカンジナビア地方の映画を上映したり、子供のイベントなどが催されているようです。Apr_11_09_015

1Fでは、小さなショップが2つあって、この地方の美しい雑貨が綺麗に並べられていました。

北欧というと、樹。

を思い浮かべますが、そのとおりで、樹でできた、スプーンやフォーク、お料理器具などが沢山ありました。

その他にも、自然の素材を生かした雑貨や、手作り感のある洋服、人形など、ぬくもりを感じるような品物が多かったです。

日本の雑誌で「北欧雑貨」というページで見たことのある、樹と綿で出来た羊が置いてあったので、驚きました。日本では「飾ってあるだけでかわいい」というような事が書いてあって私もうんうんと思ったけれど、あれは本当は、足置きなのだそうです。欧米では、椅子に座る文化なので、足を置く台がよく売ってるのですが、そのとっても可愛いスタイルのもの。大人用と子供用で、大、小とあって、その羊がかわいかったです。雑誌では確か16000円くらいしたような・・。こちらでは価格まではチェックしなかったのですが、どの品物もそれなりに、いいお値段でした。

私はショップに隣接しているカフェ&レストランで休憩。ショップは前面ガラス張りで、そのショップから仕切られていないので、とても開放感のあるカフェでした。中央に、大きな樹のオブジェがあって、ここでも自然の温もりを感じました。

Apr_11_09_011

Apr_11_09_014  

ケーキは甘すぎず、飾りすぎることもない素朴な味でとっても気に入りました。

レストランにもなっていて、ブランチやディナーのメニューもありました。次回はスカンジナビア料理をここで食べてみたいです。どういうのか分からないけど

Scandinavia House

58Park Avenue @ 38th Street/ New York, NY10016/

www.scandinaviahouse.org

|

« タジキスタン家族のお肉屋さん | トップページ | グッゲンハイム美術館 »

NYのスイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タジキスタン家族のお肉屋さん | トップページ | グッゲンハイム美術館 »