« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月24日 (日)

グラント将軍の墓&さくらパーク

今日は児童書で有名な本屋さんへ行こう!と思ってアッパーウエスト地区へ。最近あまり北の方には来ないので、急行の地下鉄に乗ったら乗り過ごしちゃったcoldsweats02sweat01

いいお天気だし、ハドソン川に向かってプラプラ散歩することにしました。

May_0923_006 そして、こんなとこに公園がある・・と思って目に付いた表示に「SAKURA PARK(さくらパーク)」とありました。

サクラって、あの日本語の桜cherryblossom??と思いながら表示を読むと、「サクラとは、日本語でチェリーブラッサムのことです」などと書いてあります。やっぱり日本語の桜のことだsign01と思って読んでみると・・・。

最初の桜は、1909年にNY在住の日本のコミュニティーから贈られました。でもその時の桜は日本からの航海の途中でなくなってしまいます。その後、1912年に日本から再度輸送され、このさくらパークとリバーサイドに植樹されましたcherryblossomcherryblossomcherryblossom

・・・と書いてありました。1960年には明仁天皇(当時皇太子)と美智子皇后もお見えになっているそうです。

日本にいわれのある公園があるなんて、全然知らなかった~。そんなことを知ってか知らずか、中には遊具があって、子供たちでにぎわっていましたcherryblossom

May_0923_0072 さくらパークの向かいには、グラント将軍の墓があります。

グラント将軍とは南北戦争の時に戦った将軍で、のちに18代アメリカ大統領、50ドル札にもなっているアメリカの偉人です。

そんな英雄ということで、このお墓は、アメリカで一番大きなお墓だそうです。が、大きすぎて、モニュメントみたいな感じ。入り口に立ってると、「写真撮ってくれませんか」と、自転車で川沿いをツーリングしている人に頼まれましたbicycle

建物の中に入ると、南北戦争の様子の絵や地図、当時の軍服や楽隊の品が展示してありました。社会科見学の気分pencil

でも、地下に下りて行くと、さすがお墓。。真ん中に木の大きな棺が二体。ひんやりとした空気を感じました。。どかどかと踏み入ってはいけないような気もするので、思わず入り口で合唱。おじゃまします。という気持でね。

すると一緒にいた同居人も合唱。後から、「あの行為は、日本人ぽいなぁと思ったよ。いいことだと思うよ。でも、外人が見たら不思議と思うだろうね。」と言われました。May_0923_010

そうかもしれませんね。

もちろん、私はバリバリの日本人ですから!

出てきたところで、外国人の結婚式をあげたばかりのグループが玄関で記念撮影cameraお嫁さんがアジア人だから合わせているのか、白人側の家族のお母さんと女の子達は真っ赤なチャイナドレスboutique。なんかすごい。NYっぽい。

その後、ハドソン川沿いにあるリバーパークに向かって下りて行くと、水着で甲羅干ししている人や、クーラーボックス持参でピクニックに来ている家族も。そして、謎の黒いボールを食べる私たち(おにぎりのことriceball)。。。これも色んな人種の入り混じるNYっぽさです。

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

杉原 千畝(すぎはら ちうね)外交官

一年くらい前、同居人が仕事から帰って来て言いました。

同居人「今日、仕事でブルックリンのユダヤ人が多く住む地域へ行ったんだ。そこで、”私の祖先は日本人のスギハラ外交官に助けられたんです。どうもありがとう”と言われて、嬉しかった」

私「その外交官って誰?」

私はそれまで、その日本人の外交官のことを聞いた事がありませんでした。同居人の話によると、ナチスドイツの時代にホロコーストによって迫害されたユダヤ人に、日本行きのビザを発行して亡命させ、多くの命を救った人がいるそうです。同居人は、その人に影響を受けて、外交官を本気で目指していた時期もあったとか。

Sugihara_storyそして先日。私がいつものように図書館で児童書を探していると、ある日本人についての絵本を発見cherry

CDも付いているから英語の勉強にも丁度いいかな。と思って何気なく借りてきました。

自宅に帰ると、同居人が「あれ?杉原さんの絵本だね」というので、そこで杉原外交官とつながりましたflair

ストーリーの中で、彼はリトアニアで赴任中、日本政府の命令に反して、ユダヤ人に無制限にビザを発行する事を決意。家族に相談し協力を得ます。そして、誰にも迷惑がかからないよう、自分だけが一人一人のビザにサインをする行為に出ます。朝から晩まで一ヶ月ほどサインをしつづけ、最後は体力との戦いdashそして、ドイツへの移動命令が出ても出発する列車の中まで、サインをしつづけたというくだりで話は終わりますtrain

pen本の裏表紙には息子さんの後書きがありますpen

このお話の杉原外交官は日本への帰国後、日本政府に逆らったために、彼は外務省から依願退職を要求され退職(実際は、外務省の見解とずれがあるそうですが)。その後、商社など職を点々として働きます。

1985年イスラエル政府に招待され、アジア人として唯一の「諸国民の中の正義の人」として「ヤド・バシェム(Yad Vashem)賞」を授与されます。

彼の死後。1992年に出身地である岐阜県八百津町にモニュメントが建てられます。

本の最後は素敵な言葉で締めくくられます。

It is a story that proves that one person can make a difference.(たった一人の人間でも世界を変えることができる。それを確信させてくれる話です)

confidentこのビザ発給により、6,000人ものユダヤ人の亡命を助け、命が救われたと言われています。日本ではそんなに知られていなくても、勇気ある人道的行為を行ったとして外国で高く評価されている日本人っているんだなと思いました。

1990年代以降(彼の死後)、日本政府も彼を評価するようになっています。またテレビドラマになったり、映画やミュージカルになったりと日本でも多くの作品が公開されているそうです。

 

| | コメント (2)

2009年5月17日 (日)

STRAND NY名物の古本屋さん

May_0917_010またまたNYで一番大きな古本屋さん、ストランドへ行って来ました!

歴史のあるこの本屋さんは、とにかくいつも人がいっぱい。小説、旅行のガイドブック、アート本などありとあらゆる種類の本が置いてあって、ここは本当に面白いお店です。

本の販売価格規制が日本とは違うので、今人気の新刊が割引になっていることもあってお得感もありmoneybag

日本人の作家では、海外で人気の村上春樹著書や三島由紀夫著書の洋書版があったりします。

私はいつもの通り、2階の児童書のコーナーへcarouselpony

普通の本屋さんと違って、名作でも色んな製本に出会うことができます。ページを開くと誰かがプレゼントにあげたものらしく、一言が書いてあったり・・・。そういう本は小説でも絵付きの立派な製本だったりするので、図書館の気分で見ることができます。

私はここで2時間、いやもっといたかな。。トイレもあるので長居できます。May_0917_012_2 

本屋さんを外から見ると、窓に本がびっしり。ストックはもっとあって、取り寄せもできるのだそうです。面積も広いのだけれど、とにかく本がいっぱいで、すれ違うのも大変なところも。欲を言えば、もっと広くてカフェとかが併設されてるといいなbleah

結局、新しいけれど安くなっている本を2冊購入。合計10ドルもしませんでした。

Strand そしてこのお店では、ストランドのロゴのバックやTシャツもあり、人気を集めています。

トートバックは、よく本屋さんに売っています。本を入れるのに丁度良くて、図書館でも持っている人を見かけます。でも、最近はエコバックとして使う人も多いみたいですね。

どんどん色んな柄が出ていますが、

Strand_bag最近見たのはブックストアの絵入りのが可愛いですheart01

 お店の正面の写真と比べるとそっくり!May_0917_014

  

Strand_ddd_2

 

 

そしてなんと、村上春樹さんの小説「ダンス・ダンス・ダンス」がプリントされた柄も!

ランダムハウス出版社の協力で作られた2つのトートのうちの、一つがこれです。

さすが村上春樹さん、すごいsign01

これ、欲しいな~。

ちなみに$10.95です。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

トルコ料理 アリ・ババ ~ALI BABA~

May_0914_006 今日はトルコ人の友達と会う日happy01

ただでさえ物価の高いNY。学生の彼女と主婦の私は、普段会うときはコーヒーを飲むか、お腹がすいたらカップケーキとかサンドイッチ。そうやって気軽に会えるのがいいんですけどね。

でも、月に一回はランチを食べに行こう!ということにしています。

今日は彼女の案内でトルコ料理restaurant

アリ・ババは、彼女が選んでくれたのだけれど、実は彼女も初めてのお店。『どうだろうね。。』と言いながらお店に入ったら、とってもいい感じheart04May_0914_005

店員さんがオーダーに来ると、彼女がすごく早口で質問し出したので「あらっ、英語が突然ペラペラに?!」と思ったら、話していたのはトルコ語だったcoldsweats01。店員さんは皆トルコ人なんだって。

テキパキと店員さんに聞いてオーダーしてる彼女が頼もしくて何だかステキ。いつもの友達が、スペシャリストに見えてきたshine

うーん。いいね~。私はなーんにも分からないけれど、トルコ人にトルコ語でオーダーしてもらえるなんて、なんだか特別な気分heart01

これはすごくいい経験だぞ。

May_0914_001

ということで、最初に出てきたのが、これ。甘くないヨーグルトジュースです。ヨーグルトを、水で倍に薄めて塩を少々ふってあるそうです。甘くなくて、酸味が少しあって美味しいです。

トルコ料理レストランは何度か行ってるけれど、こういう本格的なのは初めて。店内はエキゾチックだし、料理もイスラムの感じなのかな~と思っていたのですが、やっぱりトルコはトルコですね。ヨーロッパの部分もあるし、食べやすかったです。

前菜は二皿を二人でシェアしました。(写真撮影を忘れちゃったんですけど)

なすのトマトソースは、日本の人も作るような馴染みのある味。沢山食べられそう。

ハマス(Humus)という白いソースの方は、食べた事のない味だったけど、美味しかった!ヨーグルトソースに、ナッツや香草などが入っていました。

May_0914_002そしてメインは、子羊のケバブです。

どちらも味のついたご飯の上にお肉がのっています。

写真左は、ハンバーグ風(Doner Kebab)。

 

May_0914_003こちらはジャイロ風。

どちらも野菜たっぷりに、ご飯が付いているのが、嬉しい。ボリューム満点でお腹いっぱいになりました。

デザートも食べてみたかったけど、ムリ・・sweat02

May_0914_004 最後は、ターキッシュ・ティー(トルコ紅茶)を飲みました。

このガラスのセットが、トルコ式なんですけど、小さくってとっても可愛いです。取っ手の無い細長いコップのもあるのだそうです。

もっとトルコに行ってみたくなりました!

Ali Baba; 212 East 34th Street (Bet. 2nd & 3rd Ave.) New York, NY 10016

| | コメント (5)

2009年5月11日 (月)

子供の本屋さん ~ブックス・オブ・ワンダー

May_0909_032 NYにある、児童書専門のお店「ブックス・オブ・ワンダー」。

英語の子供本が好きな人がNYに来たら、是非寄って欲しい、おすすめのお店ですpresent

絵本から小説まで、またクラシックから最新の人気本まで色々とそろっています。May_0909_030絵本のコーナーはクラシックと最新に棚が別れていて、下の方の棚は斜めになっていて見やすくなってるんですよ。

May_0909_031← お店の奥に行くと、クラシックの貴重なコレクションも置いてあり、大切にガラス棚に並べてある本も。。

コレクターのクラブも存在するのだそうです。May_0909_034

また、絵が展示されている、夢のあるコーナーもheart01

ここでは、作者の直筆で書かれた児童書の絵も展示・販売されています。美術館で見るような絵をお店で普通に見ることができるなんて、すごい。

隣には、可愛いカップケーキカフェが併設されていて、Jun07_16_019こちらもすごく可愛いですheart042007年6月17日のブログ参考。

 

May_0909_028

Books of Wonder

18 West 18th Street, New York, NY 10011

ユニオンスクエアの近くにあります。ユニオンスクエアは本好きにはたまらない地域です~。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

グリニッチビレッジの図書館

May_0909_0052

グリニッチビレッジにある、 ジェファーソン・マーケット図書館へ行って来ましたbook

この街は、落ち着いた低層のアパートが多く、図書館の一番高い時計塔は色んなところから見えます。教会みたいに見えますが、昔は裁判所に使われていたそうです。

この図書館は、児童書が充実していて、ミッドタウンの図書館よりも人も少なく、落ち着いた雰囲気。 May_0909_0082_2

中に入ると、ステンドグラスの窓があったり、時計塔の部分は螺旋階段になっていたりして、建物の歴史を感じられます。

May_0909_0092 閲覧室は、天井も高いし、図書館の裏に公園があるので、窓越しに緑が見えて気持よいです~bud

グリニッチビレッジは、マンハッタンの中でも高層の建物などは少ない地域。低層のアパートや緑が多く、落ち着いた雰囲気。素敵なカフェや、ペットショップなんかも多く、お洒落な人も多いです。

アメリカ人の若い人たちの間でも「NYへ行ったら、グリニッチビレッジに絶対行く」という声をよく聞きます。日本の人が青山とか代官山とかに行く感じなのかな。。

May_0909_016

ふらふらとお散歩するにもおすすめです。。

Jefferson Market Branch Library

425 Avenue of the Americas [at 10th St.], New York, NY 10011-8454.

| | コメント (2)

2009年5月 6日 (水)

自由な感じ

Mar_0907_023 ブライアントパークも新緑が綺麗な季節となりました。

ベンチに座って、ちょっと休憩していても気持いいくらいcafe

ああ~気持いいな。。と思ってボーっとしていたら、おばちゃんが何か見せて話しかけてきた

おばちゃん「良かったら、読む?」

私「・・・?」

良く見たら、表紙を切り取ったりしてあった雑誌。読み終わってもう捨てるところだったみたい。

こういうの、NYっぽいなと思いました。

私「イエス。サンキュー!」

おばちゃん「ウエルカム!」

もらったのは「OK」という薄い雑誌。日本のフライデーの芸能の部分だけみたいな雑誌です。

映画俳優や歌手の華やかな写真。。。と中央付近に最近話題の人がのっていました。Mar_0907_019_2 

テレビのスター誕生のイギリス版に出演して、話題沸騰中のスーザンさん。

47歳、独身、休職中。

彼女が「歌手になりたいです」

というと、最初は皆が笑うんだけれど、歌を聞いたら大歓声に早変わりsign03happy02

歌が素晴らしいのももちろんなのだけど、オーディションに年齢制限が無いとか、上手だったらそれを認める観衆っていうのも素敵で、見ていて気持ち良いです。

インターネット動画のYouTubeでも大ヒット中です。最近、日本語字幕のも出たみたいなので、そちらをのせてみますので、良かったらどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

ニューヨーク市立図書館~42nd St.

Mar_0907_001 私がよく行くのは、ここ、ニューヨーク市立図書館の本館です。

大理石の外壁からなる建物は荘厳。でも、正面階段には沢山の椅子が置いてあって、今日みたいなあたたかい日は、沢山の人が休憩していますcafeMar_0907_015_2

総蔵書数も4000万冊以上と言われていますが、一般の貸し出し書籍を扱っているのは向かいの図書館なので、ここはリサーチなどのちょっと特別な図書館。もちろん、中で座って勉強することもできます。

Mar_0907_006 観光スポットにもなっていて、誰でも無料で入れますし、NY図書館の100年の歴史などの展示もあるのでおすすめです。

入り口のホールに入ると、立派な階段が左右にあります。3階までの階段の中腹では、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」にも出てきてましたheart04  Mar_010

3階まで行くと、木造の内装に大変身。天井がのあるホールに出ます。窓からの木漏れ日から壁と天井画が見えて、教会の中にいるような気がしてきます。。Mar_011

ここから入る奥の勉強室は撮影は禁止なので写真がないのですが、とっても素晴らしいです。ひろ~いスペースに、書籍と机がだーっと並んでいて、壁には古い絵がかかっています。こういう、図書館に入ると、歴史のある東海岸の文化が垣間見れて、ニューヨークらしいなと思います。

といっても、私がよく行くのは児童書のコーナーshoe地下にチルドレン・センターがあるので、今日もそこで絵本や子供向けの小説を借りてきましたbook

Mar_0907_010 日本でも児童書など簡単な英語の多読が密かな人気だそうですが、児童書が好きな人におすすめなのは、1階にあるショップです。Mar_0907_008

おさるのジョージ、ライブラリーライオン、ワイルドシングスの妖怪など、絵本でおなじみのキャラクターが勢ぞろいnote

知ってる仲間達がたくさんいて、楽しい気分にさせてくれること、間違いなしです。

Mar_0907_013 Mar_0907_012

| | コメント (2)

2009年5月 1日 (金)

「きらきら」~日系人の作家が書いた小説

Kirakira_2

題名; Kira-Kira (きらきら)

著者; Cynthia Kadohata

★★★★★

舞台は1950年代のアメリカ南部。

日系人の姉妹のお話virgovirgo

まだ有色人種への差別も残る南部。そんな中で生活する日系人家族の生活は厳しい。そんな中、お姉さんが病気にsweat02

とても可愛そうな境遇なのだけど、ヒロインの素直な妹からの視点で書かれているから、ドロドロとしたストーリーではなく、さっぱりしています。

決して「差別」に焦点をあてた話ではなく、家族、病気、貧困など、誰にでも共感できる内容になっています。

著者は、日系3世のシンシアさんの作品。この本はニューベリー賞というアメリカの児童文学で名誉ある賞を受賞しています。日系人で活躍している人がいるなんで嬉しいshineこれからも応援したいです。

 

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »