« 同性愛者の展示会を図書館で開催! | トップページ | フラッシングでシフォンケーキを食べよう! »

2009年6月20日 (土)

グランドセントラル図書館

Jun_09_20_008 MOMA美術館の向かいにあったドネル図書館がなくなってから、私の所属がグランドセントラル図書館になっていた。所属はあまり関係ないけれど、どういう図書館か行ってみることにしました。

NYの図書館というと、以前ブログで書いた中央図書館とか、ジェファーソン・マーケット図書館などの古い建物を大切に使っているという印象なのだけど。ここは、随分と近代的でピカピカ

Jun_09_20_001

椅子なんかもお洒落でニューヨークスタイル。

図書館というより、ブティックとか喫茶店みたいです。Jun_09_20_005

新しい図書館らしく、本はどれも新しくて綺麗なのだけど、数はまだ揃っていない感じでした。場所柄ビジネスマンが多く、インターネットで取りおきしておいた本を受け取り来るのに使われているそうです。

 そして、DVDが充実していると聞いたけれど、そうでもないかな・・・と思ったらマンガのコーナーを発見。この棚、一面全部が英語訳になっている日本のマンガでビックリ残念ながら私はルパン三世くらいしか知りませんけど

Jun_09_20_006

Jun_09_20_007  

 Jun_09_20_004  

というのも、ここは若者のホームに力を入れている図書館なのです。二階の一角には、若者専用のコーナーがあって、ドアをあけて入ってみると、まずはロック音楽が流れていて驚きました静かな図書館というイメージはなくて、真ん中のパソコンテーブルでは若者が集まってパソコンでゲームをしながら話をしていて楽しそうな様子

棚には、それこそ英語訳された日本のマンガ本がぎっしり。マンガ以外にも、ハリーポッターやゴシップガールなど若者向けの本も沢山並んでいました。

図書館員の人もちゃんといて(その人もTシャツを着た若いお兄さん)、普段は机に座っているけれど、時たま若者をみまわったりしているので安全です。

マンハッタンにある図書館は、それぞれ特色があるのですが、ここの若者を対象にした個性というのも面白いなと思いました。

Grand Central Branch; 135 East 46th Street [between Lexington & Third Aves.], New York, NY 10017.

 

|

« 同性愛者の展示会を図書館で開催! | トップページ | フラッシングでシフォンケーキを食べよう! »

NYの図書館・本屋・古本屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同性愛者の展示会を図書館で開催! | トップページ | フラッシングでシフォンケーキを食べよう! »