« 延び放題です | トップページ | 在外選挙~ニューヨークで選挙投票~ »

2009年8月21日 (金)

Avatar ~3D映画 『アバター』予告

Aug_1523_09_017 アバターの予告を見に行って来ました~。

最初に、同居人から「チケット取ったけど行く?」と言われた時は、「映画予告のチケット?」と思ったんですけどね。

でも、この映画は普通の映画じゃない!ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』以来の12年ぶりの監督作品成功した彼しかできないような、莫大な費用と、時間などを費やして作られた映画で、しかも、大作としては初の3D映画!なので、これからの映画産業に革命を与える作品なんです!

と、若干映画オタクの彼が鼻息荒く言ってました~7時からの映画に間に合うように仕事終わるの?と聞くと、この日だけは何としても早めに帰るとのこと。私としては、金曜日の夜に映画なんて楽しいし、チケットは無料ということだから、無料ならいいかな~と思い行って来ました。

Aug_1523_09_011 映画好きのアメリカでは金曜日の夕方の映画館は、チケットの行列ですごいことに。

アバターの予告は、この日、全米のアイマックス・シアターのある映画館で行われたのですが、チケットはインターネットで事前に申し込んだ人のみ(なんと全チケット売り切れ!)。2階の専用コーナーに直接並びましたが、並んでる人たちもなかなか個性派ぞろい。「ゴジラ」と書いてあるTシャツを着てる人とか。みんな映画オタクなんでしょうかね。。

Aug_1523_09_013 入り口で専用のメガネをもらって、席につきます。

映画館のオーナーがマイクでご挨拶。有名なAMC25の映画館のオーナーって意外と若いんだぁ。と思ってると「割引券があるので、この後、是非、映画を見て行ってください」などとちゃっかり宣伝

映画の予告は、とてもよくできていました。3Dってすごーい。浮き出てる人が本当に手をのばしたら触れそうだし、奥行きのある映像が自分も実際にそこにいる様な気持ちにさせてくれます。

映画自体も、ただのSFの戦争ものではなくて、内容がとても濃くて面白そうでした。

Aug_1523_09_019

ストーリーを軽く説明すると。未来の話で、戦争で足が動けなくなり車椅子生活を余儀なくされた若者が、アバターというサービスを知ります(アバターというのは、自分の分身みたいな存在のこと)。宇宙のある惑星を人間は手に入れたいのだけれど、そこには既に生物がいるから危険だし、空気などもないので人間はそこでは生活できない。そこで、その生物に見た目がそっくりなロボットを作り出し、人間の分身としてその惑星に送り込み調査をさせる。しかし、車椅子の青年は(というかそのアバターは)、その生物とひかれあうようになっていく・・・さて、地球とその惑星の未来の鍵をにぎった彼らは、その後、どうなって行くのでしょうか。

見たことも無い生き物や景色があって、映像や発想は想像を絶するものになっています!でも、ベースになるストーリーは普遍的なもの。ロミオとジュリエットとか、ポカホンタスみたいな所があり、共感がもてます。12月公開ということですが、待ちきれないです!(最初は、そうでもなかったくせに、すごくはまってる)

アバターの普通の映像の予告はこちらです(無料)。

しかも、3Dとなると、「DVDが出てから見ればいいや」と言うのができないのがミソですよね。もちろん、普通のDVDにもなると思いますが、面白さが全然違うと思います。コピー商品の波をおさえられなくなっている今、映画産業が3Dに力を入れているのも分かる気がします。

私としては、『風と共に去りぬ』とかの昔の景色のある映画も、3Dで見られるようになったら、本当にその時代に行ったみたいに体験できて楽しいのではないかなって思います。

|

« 延び放題です | トップページ | 在外選挙~ニューヨークで選挙投票~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 延び放題です | トップページ | 在外選挙~ニューヨークで選挙投票~ »