« いよいよ大詰め! | トップページ | 私の聖地、ハーシー! »

2009年11月 9日 (月)

グッバイ、ニューヨーク

今日は長い一日だった~。

6時前に起床gawk
炊いたご飯で、簡単な朝ごはん。
同居人がトラックをピックアップしに行っている間に、最後の荷造りdash

8時過ぎにトラックが到着!
どうにかこうにか家の前にトラックを着けて、積み込みの準備。
バタバタと引越しをはじめていると、協力な助っ人の二人が来てくれました~。

さすがの男性達。家のアパートは階段の二階なのに、荷物をどんどんと降ろして来てくれて、あっという間に、道中がダンボールや家具だらけになりました。

どんどん持ってきてくれるのはありがたいのですが、トラックを予定していた計画通りに詰めないと入らないsweat01もちろん、予定していた机上の論理通りに行かないこともあって、詰め込みは難航wobbly

特に大変だったのが、ロープでの固定です。荷物を積み上げるのはいいのですが、なかなか予定通りに隙間無く入れることはできないので、ロープなどで抑えなければならないのですが、なかなか思うようにできなくて難しかったです。

でも、どうにか最後には詰め終わりました~!
なんと、あの荷物たちが全部入ったのですscissors
ヤッターsign03

その後、お手伝いに来てくれた人たちと一緒に近所にランチへrestaurant
友達に「いい街だね~」とか「木が大きいね~」なんて言われるたびに、この街ともお別れだな~と思いながら歩いてレストランへ行って来ました。

友達とお別れしてから、大家さんに最後のご挨拶へ。ちょうど先日、結婚式へ行った娘さんも遊びに来ていて、少しリビングに入れてくれてお話をしました。

大家さん「あなた達が、いなくなると寂しくなるわ」

と言いながら、涙がうるうるsweat02

おお~そんなことされると、こっちもやばいよぉ~weep

私「私達も寂しいです。私はこの家が大好きだったし、いつもこの家のことを親戚や友達に話したりしてるんですよ。」

最後に一緒に写真撮影camerashine

「グッバイ」と言ってお別れ。

NYに来てから、お別れの時は、この言葉を使ったのは初めてでドキッとしました。日本語では別れ際は「さよなら」と言いますが、実際、英語ではだいたい通常の別れ際には、「Good bye.」とは使わないので、「See you.」とかが多いです。

いつも、忙しくバタバタしている大家さんが、トラックを発信させた後、窓からずっと見ていてくれました。トラックを道に出すのに苦労して、結構、誘導などで時間がかかったのに、出発する時に見たら、窓から手を振ってくれていましたpaper

なんだか本当にこの家にもう戻らないなんて、考えられない気分です。

出発した頃はすでに夕方。マンハッタンを抜けてニュージャージー州に出るときに、ブルックリンから夕焼け間近のマンハッタンを見ました。

ニューヨークから、いよいよ出発です!

グッバイ、ニューヨーク!

Nov_08_09_016

|

« いよいよ大詰め! | トップページ | 私の聖地、ハーシー! »

引っ越し・トラック・アメリカ横断」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。