« 地平線を越えて、ワイルドな街から可愛い街へ | トップページ | アメリカ横断引越しドライブのゴール! »

2009年11月16日 (月)

最後の追い込み!一日830キロ

  11月15日 アメリカ横断8日目です。

Moving_across_america
昨夜はサンタフェの郊外に宿泊。夜になって雪が降ってきたので、どうなることかと心配していたけれど、朝起きたら積もっていなくて、ホッdash

朝のうちは、まだ降ったりもしていたけれど、出発するころには止み、晴れ間ものぞいていました。私は晴れ女なのです~sun

Nov_15_09_013も、少し走ると高速道路の脇の土地は積もっている所もあり、遠くには白く積もった山が綺麗でした。

助手席からの景色は素晴らしい~!ナイスビュー!

でも、運転手は路面は雪が無いけれど、運転には気をつけて。私が変わりに見てあげるからね~。

遠くの山並みを随分と長い間みとれた後、段々と山を削ったような崖が姿をあらわして来ました。

Nov_15_09_020西部らしい景色になって来た!

イエ~イ!

まるで、グランドキャニオンみたい。グランドキャニオンはコロラド河が削ったのだから、地球の大昔には、ここも大河があって削られたのかな。。Nov_15_09_022

さらに、嬉しいことに、あの長~い鉄道が見えて来ました~。

以前、ロサンゼルスから西部をドライブした時に何度も出会ったのがこの貨物鉄道。とにかく長くて、何両あるか数を数えていると他の景色にさえぎられてしまう。。100両くらい数えたことがあるんですが、よく見るとコンテナが2段に積まれてるんですよ。危ないからか、ものすごくゆっくり走るので、車でもし、高速道路じゃない所を走ってて、この列車の遮断機に出会ったら最後、30分くらいは待たなければならないそうですsweat02

でも、この列車が、雄大な西部の山並みに合うんですよね~。

Nov_15_09_035

そして、走り続けていると、ところどころにナバホの看板が見えてきました。

ナバホというのは、ネイティブアメリカンの種族の名前で、ニューメキシコ州とアリゾナ州をまたぐ広い地域は彼らの居住区として保護されているのです。Nov_15_09_054

居住区は彼らの独自の国という面もあって、「ここはナバホ居住区だよ」と、ところどころに看板をかかげています。また、ジュエリーや手作りの敷物などを売る、お土産屋さんも沢山あって、その看板も沢山見られました。

Nov_15_09_058今回の横断ドライブ中に、今までにもこういうネイティブアメリカンの居住区はあったのですが、街にあったり、なんだか雰囲気は違っていました。。

やっぱり、ネイティブアメリカンはこういう聖なる大地だよ~。

カジノ経営の都会暮らしよりも、こういう山々のある地域に住み自然と共生しているシンプルな生活の方がネイティブアメリカンらしいと思ってしまうのは、私の勝手な思い込みでしょうか。Nov_15_09_067_2

大好きなアリゾナなので、寄り道したい所も沢山あるけれど、今日はがんばる日punch

おかげさまで天気も良かったし走りは順調bus休憩を数時間ごとに入れたり、ガソリンを2回入れたくらいで、ほとんど走りっぱなしでした。

夕方になって来て、夕焼けに写る西部の山々を綺麗だね~と言いながらも、私達にも疲れがsweat02Nov_15_09_066_2

と、その時、

ロサンゼルスの文字が!

イエ~イ!!!

感激~crying

その後は、『ロサンゼルス(まで)400マイル』などと、距離の表示にもロサンゼルスの文字が現われて来ました。

よお~し、あともう少しだ、頑張るぞpunch

いつもの通り、薄暗くなって来たところで休憩。ライトの無い高速道路では、真っ暗になる直前は、光の加減がどんどん変化するので目がとっても疲れる。。実際、この時間帯が一番危なく事故も多いということから休憩を入れます。

真っ暗になって最後のドライブ。コロラド州の砂漠近くは人家などのひと気が全く無いことから、高速道路以外は真っ暗。今まで以上に星が良く見えましたnight上を見上げなくても見えるので、天がまるく見えて自然のプラネタリウム状態shine

夜、7時45分に今日の目的地、キングマンに到着!

今日は10時間半のドライブ、521マイル(約830キロ)でした。

フラフラだよ~。一度寝て、夜中に起きて頑張って、ブログを更新sweat01

キングマンはカリフォルニア州のすぐ近く。

長い旅もいよいよ大詰めです。

明日は無事にロサンゼルスに着けるかな。。

|

« 地平線を越えて、ワイルドな街から可愛い街へ | トップページ | アメリカ横断引越しドライブのゴール! »

引っ越し・トラック・アメリカ横断」カテゴリの記事

コメント

こないだの書き込みで、ビジネスホテルに泊まってる、って書いてあったけど、私の場合、中西部などの田舎で泊まった記憶だから、1階建てのモーテルくらいしかなかったように思ってました。ビジネスホテルっていうと、上に高いようなイメージけどそうなんだよね?思い出したんだけど、Iowa留学時代に車旅行したのは、ドイツ友達ImkeのBFと彼の友達と4人でコロラドなどに行ったのと、Imkeのご両親と一緒にワシントンDCの方までいったのと、ホストファミリーの小旅行について行ったのと、大学の友達の里帰りについていったのとかかな。
アリゾナは私の初めての海外でした。高校1年生の時。Pinetopという小さな町にホームスティしました。またまた長くなっちゃった。明日はもう到着だね。

投稿: michi | 2009年11月16日 (月) 06時48分

ビジネスホテルと言っても、高くても3階建てくらいの低層だったよ。それにしてもmichiの初めての海外がアリゾナとは!ニューヨークやロサンゼルスなんかと違って随分とディープなアメリカで初海外としては、すごいね。
他の知人もメールをくれたけれど、このブログで色んな所に住んだり行ったりした自分の思い出とつながる人もいるみたいで、良かったなって思います。

投稿: だーら | 2009年11月19日 (木) 12時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« 地平線を越えて、ワイルドな街から可愛い街へ | トップページ | アメリカ横断引越しドライブのゴール! »