« さよならマンハッタンの夜景 | トップページ | いよいよ大詰め! »

2009年11月 6日 (金)

アメリカ自然史博物館

今日も朝から引越しの準備sweat01

がしかし、今日は少しだけ観光する日です。引越しでそれどころじゃないとは言っても、これが最後のニューヨーク。滞在中、同居人は忙しかったため、私たちはあまり観光らしいことはしていなかったので、本当はミュージカルを観に行ったり、ジャズを聴きに行ったり色々としたいことはあったのですが、残念ながらその時間は無さそうsweat02

でも、ひとつだけ、これだけは・・・アメリカ自然史博物館に行きたい!これだけは、譲れない私なのでした。NYでの最後って言ったら、普通はショッピングとかなのに、ごめんなさいね~子供みたいで。

今日は寒いけど秋晴れsun自然史博物館の向かいのセントラルパークにちょっと入ると、紅葉がとっても綺麗でした!

Nov_06_09_019 Nov_06_09_011

Nov_06_09_004さあ、自然史博物館へレッツゴー!

まずは、宇宙セクションへ直行。宇宙セクションへ行くと、そこはまさに映画の宇宙ステーションのようになっていました。ディズニーランドのアトラクションみたいで、これって博物館?と思ってしまうほどです。Nov_06_09_031

そして今日の目的、プラネタリウムへdash

ここのプラネタリウムは今年の7月に再オープンしたばかりです。ナレーションは天使にラブソングをなどでおなじみの映画女優、ウーピー・ゴールドバーグkaraokeさんです。

写真撮影はできなかったのですが、もの凄く素晴らしかった!!

従来のプラネタリウムの常識をくつがえす面白さです。自分が宇宙遊泳をしているようなドーム天井の大画面!それに、宇宙のはじまりのビックバンからはじまり、太陽のはじまり、太陽系のはじまり・・・など数十億年前の話。

そしてれからのこと、数十億年先のこと、太陽がまわりの星を吸収し大きくなり、そして燃えつきてなくなり違う星になるであろう日のことまで・・・時空と空間を越えた宇宙生命のいとなみが、ダイナミックな大画面で展開されるのですsign03

あつく語ってしまいましたが・・このプラネタリウムが終わった後、少しの間、こんな感じでした。

Nov_06_09_042 しかし、時間が無いので、興奮さめやらないまま恐竜のセクションへdash

恐竜って子供の頃から、想像するとウキウキするんですよね~。

ここも、本当に宝の倉庫!骨を再現された大きな恐竜たちが、うようよいるんですよ。Nov_06_09_043本当に昔はこんなに大きな生物が地球上を走り回っていたかと思うと不思議でなりません。

こちらは、爬虫類から鳥類に進化する過程にある恐竜の骨格です。

骨格はつるされていて、進化していく様子が、後ろの絵であらわされています。

Nov_06_09_053 色々と見終わって、そろそろ閉館が近づいてきました。。

最後の方で素晴らしくて、あっとうされたのがこれ。

木の切り株です。

すごいでしょーーー!

家の近所の木も大きいと思っていたけれど、その10本分くらいある、おおおおおおおお親です。

550年頃に生まれたと推定されていて、1891年に切り倒されたのだそうです。

アメリカのシェラネバダ山脈に生えていたものだとか。アメリカって広いですね~Nov_06_09_064

閉館ぎりぎりまで見て、博物館を後にしました~。

出てきたところで、最後にライトアップした綺麗な球体の宇宙セクションを写真撮影。

いや~本当に凄かったし、楽しかった。

こられて良かったです。(* ̄ー ̄*)

|

« さよならマンハッタンの夜景 | トップページ | いよいよ大詰め! »

NYの観光」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。