« アメリカ横断引越しドライブのゴール! | トップページ | NewYork だらだら日記の引越し予告 »

2009年11月18日 (水)

さよなら、U-Haulトラック

無事にロサンゼルスに到着~!

その日は、そのままバタンキューdown

翌日、トラックの荷物を少し友人の家に降ろすことにしました。

と、その時、トラックの荷台から後ろ向きに落っこちてしまった!

ダンボールをとめ直していたテープを詰め替えて、そのまま後ろ向きにトラックから降りようとしたのだけれど、思ったよりもトラックが高くて、自分の足が短かったsweat01

「うわぁ~」という声とともに、思いっきりしりもち、ズドーンdash

そして、アスファルトに倒れてしまった。私も、こんなの初めてで自分でもビックリ。でも、しりもちと、手を強く付いたので、おかげさまで頭はちょっと打っただけで済んだみたいです。

がしかし、その後、U-Haulのトラック会社へトラックを返しに行って、倉庫に荷物を入れるという作業は、私はほとんどできなくなったのでしたsweat01

U-Haulへ着くと、入り口にいたヒスパニックの人たちが、わらわらと集まって来た。実はニューヨークでトラックを借りるときも、わらわらと人が集まって来たのですが、引越し作業のお手伝いの仕事を求めて、入り口の所で待っていて手伝いがいらないか聞いてくるのです。(U-Haulの会社とは無関係)

もともと、盗難防止に私はトラックの番をしている予定だったし、さらにさっきの転落で体調不良。かと言って、夫くん一人で運び込むのは不可能な量なので、何人か雇ったらいいんじゃないかと提案flairけれど、夫くんは「割れ物などをきちんと運んでくれるか分からないから、ある程度、運び込んでからベッドなどの大物だけを手伝ってもらおうかな」とのこと。

言われてみれば、引越し業者と違って、もし、ざつに適当に運んで、大切な物が割れたりなくなったりしても何の責任も取ってくれないかも?と思いました。Nov_17_09_054

それに、ちょっとお金を払って倉庫は1階を選んだということと(2階と地下の方が安い)、倉庫には立派なカートがあって自由に使うことができたので、結構、一人でも運べちゃいました。

そして、小物を大方入れてから、トラックの前方にあった、大物のベッドとソファを運び込む時に、お手伝いの彼らをさがしたのだけれど、肝心な時に見当たらなくなってしまった。。

結局、私が支えたりしながら、夫くんがそれらも運び込むことにsweat01

全部が終わる頃になって、またヒスパニックの人たちが「手伝いはいらないか?」と聞きに来ました。遅いよ~。

結局、全部、二人で運び込んでしまった~!

所要時間6時間clock

そして、長い間お世話になったトラック君とお別れ。U-Haulどうもありがとう!

ちなみに・・多分ですが、U-Haulは、“U=You(あなたが~自分で~)Haul(運搬する)”という意味なのだと思います。

(U-Haulで買った変だった鍵は、返品するには手続きが必要とのことで、新品と交換してもらいました)

Nov_17_09_053

|

« アメリカ横断引越しドライブのゴール! | トップページ | NewYork だらだら日記の引越し予告 »

引っ越し・トラック・アメリカ横断」カテゴリの記事

コメント

引っ越しお疲れ様です。
おそらく達成感はひとしおでしょう。
距離のケタがたしかに違いますからね~
でも疲れはそのあと一気にきますからね。
休めたら休みましょう。
ロスにはお友達もいて楽しそうですね。
よかったよかった!

投稿: ケンシン | 2009年11月21日 (土) 04時36分

お返事を書くのが遅くなってすみませんでした。
ブログチェック&書き込みありがとう!
引越しは大変でしたが、アメリカ横断は、とっても楽しかったです。
良い経験になりました~。

投稿: だーら | 2009年12月17日 (木) 07時21分

この記事へのコメントは終了しました。

« アメリカ横断引越しドライブのゴール! | トップページ | NewYork だらだら日記の引越し予告 »