NYの街かど(アート・ミュージック)

2009年8月 8日 (土)

生存の必須条件としての「Waste Not」(もったいない)~MoMA美術館

NYに来てから、MoMA(ニューヨーク近代美術館)へ何回行っただろう?もう思い出せないくらいです。金曜日の夕方から無料なのと、NY市立コミュニティカレッジのIDがあると無料というのが大きいけど、それだけじゃないです。

入りやすい場所と雰囲気、何度も見たくなるような巨匠の作品がゴロゴロと常設展示されているのと、特別展示も毎回すごい内容で充実してるのもあります。

Aug_08_09_016今回、圧倒的な存在で皆の目をひいていたのは、なんと言ってもこれです。中国の芸術家 Song Dong 氏の「Projects 90」 。彼のお母さんが物を捨てない人だったそうで、貯め続けた様々な品物を綺麗に並べて展示しています。作品のテーマになることは「Waste Not」(もったいない)。お母さんの生きてきたこの中国での50年間という年月は、「Waste Not」ということが生存することの必須条件であったということです。

そういえば、私の母親も物が捨てられない人です。母が言うには、物が無かった時代に生きていると、そう簡単に捨てられないそうです。ある時はお金が無かったり、またある時はお金があっても買えなかったり(オイルショックの時など)。

なので、同じような時代の中国では、政治的な動きなど日本よりももっと様々な事があったでしょう。そんな中で、“お母さん”が家族を守り生きていく為の努力した年月というのが伝わってくる作品です。

Aug_04_09_037 それにしても本当にすごいの一言です。

電化製品だけでなく、ぬいぐるみなどのおもちゃ、たらい、ボロボロになった洋服、ペットボトル、そのフタ、発砲スチロールなどなど・・。お豆腐なんかが入っているようなプラスチックの白い箱とか、使い終わったオイルの缶なんかもありました。

よく見ると、すごいのだけど、綺麗に並べられているので遠くから見ると綺麗。ここら辺はセンスなんでしょうね。

それと、品物で生活の様子なんかも垣間見れたりして文化を知るのにも面白かったです。

Aug_08_09_012 そして、後はやっぱりルソーとカンジンスキーの絵はいつもかかさずに見てきます。

このルソーの「夢」は、以前はカフェの前の廊下にあったのですが展示場に移動していて見やすくなりました。

Aug_08_09_020 また1階に中庭があって、上から見るとビルの狭間~って思いますけど、実際に外に出てみると冷房からも逃げられるし、噴水の音が聞こえたりして、ちょっと休憩するにも気持良いです。

ここのお庭にも、いたるところに素晴らしい作品があります。

私が気に入ったのは、これ。

ヘクトール・ギマール作の「パリ地下鉄(メトロポリタン)駅の入り口」です。

Aug_08_09_031

お花みたいに見えるランプや、茎の様に見える柱は少しだけカーブさせています。まるで、おとぎ話に出てくるランプみたい。

1900年パリ万博の頃に実際にパリの地下鉄の入り口のゲートは、どこもこのデザインを採用していたとか。街の普通の風景に、こんな素敵なものがあったら嬉しいですよね。

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

スターバックス・アート

スターバックスで素敵なアートを見つけました。よく黒板にお勧めなんかが書いてありますが、こんな風にニューヨークの街と一緒に画かれているって可愛い!

July_0709_1902

スターバックスは、考えてみると日本に住んでいる時ほど行かなくなりました。NYだとデリ(コンビニみたいなお店)の方が軽食もあるし何かと便利だからかも。

とはいえ、スターバックスはいたる所にあります。マンハッタンには171店舗あって、一日で回ろうと計画した人がいたとかYou Tubeで見ましたsweat02

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

消火栓~アメリカの国旗色~

ニューヨークのいたるところにある消火栓。

消防署の前では、アメリカの国旗色に塗り替えられていました~。

FDNY(NY消防署)ってちゃんと書いてあって、おちゃめですね。しかし派手だ~。

Apr_11_09_017_2

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

チェルシーの展示会

June_0815_013 チェルシー地区での展示会へ行って来ました~。

知人のタイ人の女性がギャラリーの仕事をしていて、タイから来るというので、会いに行って来ました。

チェルシー地区はギャラリーが沢山あり、NYアートの盛んな地域ですが、価格は高く高く上がっていて、どこも手が出る価格ではなくなっているのが現状。

June_0815_009 それで、気軽に買えるというのをコンセプトに、小さなギャラリーが沢山集まった催しが行われてるそうです。

といっても、決して安くないですけどね。ちょっと部屋にいいな~と思うような絵は、300ドル(3万3千円)くらいからです。

ほとんどは絵画ですが、ガラスで作られた壁掛けの作品や、変わった素材で作られた絵などもありました。美術館みたいだけれど、今まさにどんどん変わりつつある現代アートを見ることができます。

June_0815_010そしてギャラリーって人が少ないイメージですが、イベントということもあり、人がいっぱい。

ちょっといいな~なんて思って見ていると、その絵は、その場で、どんどん買われて行きます。

早い者勝ち状態?

NYアートが活気がある理由って、こういうところにあるのでしょうね。

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

壁画の広告

NYのあちこちで、ビルに描かれた壁画を見かけます。

ここは私のお気に入り壁画スポットのひとつ。通りかかった時に、今は何かな~なんて見上げるのが楽しいです。

今は書き換えの最中でした。印刷物を貼り付けたんじゃないっていうのが、こうして見ると分かりますよね。実際、昼間だと、人が描いているのが見られます。

Apr08_01_012曙の上に、着物の女性。今回は、ちょうど両方ともテーマが日本みたいです。

携帯の広告で、日本のような200ヶ国以上の国で使えますよ~ってことのようですよ。

場所は34stと8Aveの角で見られます。

~後日追加~

4月9日の新聞「am NY」にこの壁画の記事が偶然、載ってました~!

やっぱりこの壁画はすごいみたいで、この大きさと、人が作っているという労力、それなのに期間限定という広告について取り上げていました。

詳しくは新聞のブログにのっていて、6人くらいのアーティストが描いている様子の写真も見られます。↓英語だけどhttp://weblogs.amny.com/entertainment/urbanite/blog/2008/04/artists_with_a_lot_of_resolve.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

ニューヨークっぽい?~Wホテルのロビー~

Mar0815_016 NYは沢山のホテルがあり、それぞれ洗練された雰囲気のレストランやバーなどで競いあっています。

ここは、Wのマークで有名なWホテル。

ロビーは、なかなかの評判というので見てきました~。ロビーに行くのは無料だしねbleah

まず、入り口を入る時に、ちょっととまどってしまった私。自動ドアの向こうの床に水が張っているように見える。。

Mar0815_015 このまま入って大丈夫かな、中で立っている人が水に浮いているみたい・・・と作った人が聞いたら笑われてしまいそうですが、踏み込むのを躊躇してしまいましたよ(写真右)。

入ってみると、上にも左右にも水sweat02

まるで水の中にいるような、そんな入り口でした。

そしてエレベータでロビーへsoon

ドアが開くと、夜みたいなシックな空間が広がり、そこはバーという感じ。

Mar0815_011

無機質でクールなデザイン。新しいインテリア・デザインがあちこちに・・・

床や椅子と同じ色の、白い柱には映像が映し出されて、静かな空間が演出されていました。

Mar0815_013

Mar0815_014

この黒い空間はフロントです。

カッコイイ~

ここに似合うのは、家族連れのジーンズのパパより、ドレスアップした女性をエスコートした紳士かな。

こういうのがニューヨークらしいホテルって言うのかな。ディズニーランドには無さそうだもんね。

W HOTEL; 1185 Avenue of the Americas

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

キュートな地下鉄アート@14St駅

NYの地下鉄は古くて汚い、これはこれでNYらしくっていいのですが。でも、そんな構内にもたまにアートがあったりするのが大好きです。特にお気に入りなのが、青ラインの14st駅(Lラインの8Av駅と同じ)。

とにかく可愛い!

すごく好きな駅なので、わざわざ見に行ったりします。

とにかく見てみて!

Nov11_07_105 まず、こてはじめ。

一番目立つのはホームの真ん中にある、こんな感じ。

Nov11_07_151見方によっては、ホームで寝ちゃって、駅員さんに怒られちゃってるみたい!

 

 

Nov11_07_118 足元を見るとこんなところにも

 

 

 

 

 

 

 

Nov11_07_120そして、頭上を見上げるこんなところにも

だんだん、マニアックになってきた。

 

 

 

Nov11_07_113_2 一瞬本物みたいな、アナウンス用スピーカーとか

電話みたいのもある。さすがにこっちは間違えないけど。

Nov11_07_126  

 

 

 

 

Nov11_07_140彼らがいるのは、ホームだけじゃない。

乗り換えのところだって、よ~く見るといるいる。

 

 

 

 

 

Nov11_07_131檻になってるのは改札のところ。

ここだって、良く見るといるよ。

右下をズームすると・・次の写真へ

Nov11_07_130「お客さ~ん。くぐっちゃ駄目だよ~」

「あ、ばれた?」

遠くに見えるのは、切符を買っている人たちです。

  

  

 

 

とにかく駅のいたるところで見かけるので、

「あっここにも~!」って探して歩くのもおすすめです。

 

Nov11_07_101 そして、今日のベスト写真はこれでしょう!

ホームのベンチに座って、

隣のおじさんをじーっと見つめるショット☆

何気ない駅でも、こんな遊び心あるアートを見かけると楽しいですよね。こういう発想が好きです。

 

Tom Otterness さんの"Life Underground"というブロンズ作品です。

 

 

 

| | コメント (2)

2007年10月 7日 (日)

カラフルタイルの絵

地下鉄の42St駅の乗り換えに素敵なNYアートがあります。

タイルで出来ている焼き物の絵で、色がとってもカラフル!

Oct14_005_2

Oct14_001_2

Oct14_003

Oct14_004

NY地下鉄マップを片手に持った派手ハデなおばちゃんとか、ホットドック大会の様子とか、NYらしいデザインがとっても賑やか。

こんなタイルが家のバスルームにあったら楽しそう~!

Oct14_002 ここの乗り換え通路は、NY地下鉄の中でも明るくて綺麗なのですが、このアートがあると歩くだけでも楽しいですよ。

| | コメント (0)