英語の本

2009年5月23日 (土)

杉原 千畝(すぎはら ちうね)外交官

一年くらい前、同居人が仕事から帰って来て言いました。

同居人「今日、仕事でブルックリンのユダヤ人が多く住む地域へ行ったんだ。そこで、”私の祖先は日本人のスギハラ外交官に助けられたんです。どうもありがとう”と言われて、嬉しかった」

私「その外交官って誰?」

私はそれまで、その日本人の外交官のことを聞いた事がありませんでした。同居人の話によると、ナチスドイツの時代にホロコーストによって迫害されたユダヤ人に、日本行きのビザを発行して亡命させ、多くの命を救った人がいるそうです。同居人は、その人に影響を受けて、外交官を本気で目指していた時期もあったとか。

Sugihara_storyそして先日。私がいつものように図書館で児童書を探していると、ある日本人についての絵本を発見cherry

CDも付いているから英語の勉強にも丁度いいかな。と思って何気なく借りてきました。

自宅に帰ると、同居人が「あれ?杉原さんの絵本だね」というので、そこで杉原外交官とつながりましたflair

ストーリーの中で、彼はリトアニアで赴任中、日本政府の命令に反して、ユダヤ人に無制限にビザを発行する事を決意。家族に相談し協力を得ます。そして、誰にも迷惑がかからないよう、自分だけが一人一人のビザにサインをする行為に出ます。朝から晩まで一ヶ月ほどサインをしつづけ、最後は体力との戦いdashそして、ドイツへの移動命令が出ても出発する列車の中まで、サインをしつづけたというくだりで話は終わりますtrain

pen本の裏表紙には息子さんの後書きがありますpen

このお話の杉原外交官は日本への帰国後、日本政府に逆らったために、彼は外務省から依願退職を要求され退職(実際は、外務省の見解とずれがあるそうですが)。その後、商社など職を点々として働きます。

1985年イスラエル政府に招待され、アジア人として唯一の「諸国民の中の正義の人」として「ヤド・バシェム(Yad Vashem)賞」を授与されます。

彼の死後。1992年に出身地である岐阜県八百津町にモニュメントが建てられます。

本の最後は素敵な言葉で締めくくられます。

It is a story that proves that one person can make a difference.(たった一人の人間でも世界を変えることができる。それを確信させてくれる話です)

confidentこのビザ発給により、6,000人ものユダヤ人の亡命を助け、命が救われたと言われています。日本ではそんなに知られていなくても、勇気ある人道的行為を行ったとして外国で高く評価されている日本人っているんだなと思いました。

1990年代以降(彼の死後)、日本政府も彼を評価するようになっています。またテレビドラマになったり、映画やミュージカルになったりと日本でも多くの作品が公開されているそうです。

 

| | コメント (2)

2009年5月 1日 (金)

「きらきら」~日系人の作家が書いた小説

Kirakira_2

題名; Kira-Kira (きらきら)

著者; Cynthia Kadohata

★★★★★

舞台は1950年代のアメリカ南部。

日系人の姉妹のお話virgovirgo

まだ有色人種への差別も残る南部。そんな中で生活する日系人家族の生活は厳しい。そんな中、お姉さんが病気にsweat02

とても可愛そうな境遇なのだけど、ヒロインの素直な妹からの視点で書かれているから、ドロドロとしたストーリーではなく、さっぱりしています。

決して「差別」に焦点をあてた話ではなく、家族、病気、貧困など、誰にでも共感できる内容になっています。

著者は、日系3世のシンシアさんの作品。この本はニューベリー賞というアメリカの児童文学で名誉ある賞を受賞しています。日系人で活躍している人がいるなんで嬉しいshineこれからも応援したいです。

 

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

MOBY DICK (白鯨)

Apr_1509_001 題名;MOBY DICK(白鯨)

著者;Herman Melville

レベル;17,000語(日本では今、多読が人気で、SSSの基準にそって計算するとこうなりました)

★★★★★

アメリカにいると、よく名前が出る名作です。以前、母親からもらった日本語の長編に挑戦しましたが、本好きの私でもあまりに難しくて挫折。その本が昔の日本語であり、訳も難しかったというのもありますが、実際アメリカでも原書は難解で有名だそうです。

私が今回読んだのは、児童書版です。ストリートフェアで2ドルで購入したもの。字も大きいし簡単clover小学生低学年くらいの本だと思います。捕鯨船のなので聞きなれない単語や、分からない状況もありましたが、挿絵が沢山あって助けてくれました。

命を顧みず、巨大な鯨との対決を試みる勇敢な男達。白鯨に足を取られた船長が執着にとらわれて、主人公の船は終わりのない無謀な旅へと暴走する。

後半は、激しい戦いの様子に息つく暇も無く読んでしまいました!

やっぱり、名作はすごいですpunch

 

 

| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

GR~簡単に読める洋書~

May_08_27_002 GRって知ってますか?洋書なんですけれど、ある特定レベルの簡単な英語で書かれた本です。言い変えれば、英語学習者のために書かれた本。なので、私にも楽しく読むことができるんですよね。

アメリカ人の子供用の児童書もいいけれど、子供向けに書かれた物だから、やっぱり話がちょっとつまらなかったり物足りないこともある。でも、GRは大人が単純に楽しんで読めるように出来てるところが素晴らしいです。それに児童書は特殊な英語表現とか知らない単語も沢山出て来くるので、途中で「う~ん・・・」と意味が取れなくなったりする事が多々。その点、GRは単語数がレベルごとに分かれているので、辞書はほとんどひかなくても読めるんですよ~。読む流れを止めなくてもいいから楽ちんhappy01

May_08_27_004 簡単だからって読んでて、それで勉強になるのか?とも思ったりするのですが。でも、英語で考えながらストーリーが展開して行くこととか、簡単でも沢山読むことで英文に慣れることができるから、いいんじゃないかなって思います。

残念ながら・・・GRって日本では、ちょっと大きい本屋さんだったらどこでも売ってたのに・・・なぜか、ここアメリカでは手に入りずらいんです~sweat02。イギリス人とかアメリカ人とか英語を母国語とする人たちが作者なのになぜ~?!と思うのですが。NYの大手本屋さんでも「うちはアメリカ人を対象にした本屋だからねぇ」と言われて、結局その本屋さんのインターネット申し込みで取り寄せてもらったりしています。ネット注文もいいけれど、日本のようにGRコーナーで、選り取りみどりの中から、中身を見て選んで買いたいよ~sad

May_0817_005図書館でも「置いてない」って言われていたのですが、インターネット検索で他の図書館に置いてあるのを発見!それ以来、少ない中から細々と探しては予約しています。

それで連休明けの今日、借りてた新作DVD「バッドマン」を返却して、ついでに予約しておいた本も引き取って来ました~。

こんな風に、アメリカの図書館では、自宅からインターネットで事前に本を予約しておくことができます。このインターネットシステムは、初めて知ったとき便利~って思いました。図書館も広いし、どのコーナーにあるか分からなかったりもするので、読みたい本が決まってる場合は助かります。それに在庫のない本は、他の図書館から取り寄せてくれて、準備が出来るとメールで知らせてくれる仕組みになっています。

ついでに言うと、借りてる本は期限を過ぎると罰金dollar。最初はびっくりしたけれど、皆の本だから、ルールを守るためには合理的かも。それに、これもインターネットで貸し出し期間延長をすることができます(新作とか予約でいっぱいの場合は不可だけど)。

budちなみにGRとはGraded Readersのことです。出版社はOxford University Press, Cambrige University Press, Macmillan Readers, Penguin Readersその他沢山あります。名作、本当の話、新作など様々で結構楽しめます。レベルごとに分かれていて難しいものに段階別に読み進めるようになっています。

| | コメント (0)