ニュース

2007年12月19日 (水)

ホームレスに炊き出しする人

ニューヨーク市クイーンズ地区ジャクソンハイツで、自分でホームレスなどに炊き出しをしている人がいます。ニューヨークタイムズ紙をはじめ色々なメディアで取り上げられている人なのですが、その男性に本人に直接会ったという人から今日、話を聞いて驚きました。

配っているお弁当は、彼のお母さんと妹が、自宅にて調理していて、その数なんと50食分。1~2時間かかるが平日は毎日作っている。50食分って言ったら大きな鍋で何回も作らないといけないような、大量ですよね。それを毎日しているなんて、その労働を考えただけでも大変なことですが、それが無料奉仕というところが驚くべきことだと思います。

そして、その作られた料理を、彼がお弁当に詰めて、車でジャクソンハイツまで運び、毎晩配る。そんな人はきっと、余裕のある生活をしているんだろうなと思いませんか?でも、決して金持ちというわけではない。彼の仕事はスクールバスの運転手。仕事から帰ってきて疲れているのに、もうひと仕事すること、そして毎晩継続していること、それは誰でもできることでは無いと思います。

彼がお弁当を配っているのは、NYに着たばかりの移民の人たち。彼らは、まだ家も無かったりして生活が苦しく、日雇いで働き、母国に仕送りをするため、ご飯もろくに食べずに我慢している。彼の家族もまた南米からやってきた移民なので、同じ移民の人たちを応援したいということなのだそうです。

メディアで取り上げられるようになって、食品をもらったりすることも増えたということでしたが、それにしても、自分のお金と時間を遣い、労働を毎日無償でするって、この世の中、なかなかできることじゃありません。

ちょっと感動で興奮してしまいました。

| | コメント (0)

2007年6月27日 (水)

世界の有名人、小林くん

最近アメリカでは

「(7月4日の)独立記念日をどうすごす?」

と言う挨拶がとびかっています。

独立記念日というと、アメリカ各地で花火大会~!ドーン☆

そして色んなお店で、独立記念日セール!

ニューヨークのコニーアイランドでは毎年恒例のホットドック大食い大会!

ホットドックというと、ハンバーガーに並ぶアメリカの代表的な食べ物。そして、アメリカ人は大きくて大食いというのもあって、このイベントはかなり由緒正しいはず。しかし、ここ6年くらい優勝を続けているのが日本人の小林くん。これって、日本の大相撲の横綱が曙しかいなかった時みたいな感じですかね~。

小林くんは、日本でも大食いブームの時に一躍有名になった人ですよね。確か、私の友達がすごくファンで彼のビデオを買ったとか言ってた気がします。。。そんな彼は実は日本だけでなく世界のいろんなイベントで優勝している有名人なんだそうです。

Jun07_2830_001

そんな彼の記事が新聞に載っていました。

日本人が載っていると嬉しいので、思わずチェック。

でも、この記事は小林くんが最近の大会であごの不調を訴えて負けてしまい、その為、独立記念日の大会には欠場することになったというものでした・・・。

でも、次の日のテレビのニュースで、

「欠場を予定していた小林が、独立記念日の出場することになった」

と放送していました。

そしてインターネットのトップニュースでは

「小林は、独立記念日の大会に出場するか?!」

と出ているので未だどちらか分かりません・・・。

ちょっと面白いのが、彼のニュースの際に「痩せている彼、小林くん」とか書いてあったりすること。

あんなに痩せているのに、世界の大食い大会の優勝者!

というのが特にアメリカ人からすると謎であり、話題性があるのかもしれませんね!

いずれにしても、

ここまで騒がれている小林くんってすごい!

出場するなら頑張って欲しいですね。

頑張れ小林くん!!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)