日記・コラム・つぶやき

2010年3月21日 (日)

ブログも引っ越しました!

ニューヨークからロサンゼルスへの引越しにともない、ブログも下記へ引越しました!

L.A.だらだら日記

http://ladaradara.cocolog-nifty.com/blog/

今まで、応援ありがとうございました。

これからも、よろしくお願いします。

           2010年3月吉日 だーら

| | コメント (1)

2009年12月17日 (木)

NewYork だらだら日記の引越し予告

ブログを読んでくださっている方へ。

ニューヨークからも引越しましたし、ブログも重たくなってきたので、近いうちに引越しをしようと考えています。

来年の1月末か、2月より、ロサンゼルスからのブログを再開する予定で計画中です。

今後も宜しくお願いいたします。

だーら

| | コメント (2)

2009年10月28日 (水)

インド体験日記

今日は大冒険!一人でニュージャージーの友達の家まで行って来ました~。お隣の州といってもマンハッタンからハドソン川を挟んだすぐ向かいなのですが、地下鉄がつながっていないため、バスで行かなければならず、なかなか行く機会が無かったんですよねbus

彼女には、ポートオーソリティー・バスターミナルからのゲート番号や、バス番号などは聞いていたのですが、
意外な落とし穴が・・( ̄○ ̄;)!と、行くまでの大冒険も珍騒動で楽しかったのですが、今日は満載なのでこの話はまたの機会にします。

バスを降りると、うわ~素敵な住宅街!マンハッタンにここまで近くて、さらにマンハッタンでは望めないような閑静な住宅街が広がっていて、美しくとても良いところでした。友達のお家もとても広くて素敵なアパート。個人的には、壁一面に、くくりつけの本棚があって、それがとっても気に入りましたheart01

Oct_29_09_009_2  リビングには、ちゃんと神棚が設けてあって、綺麗に飾られていました。

奥にいるのは3人の神様で、真ん中が日本でも有名なゾウの頭で人間の肉体を持つガネーシャ。彼女のお気に入りだそうです。

手前に座っているオレンジの服を着た神様は、クリシュナ。インドには沢山の神様がいます。日本の神々の考え方と少し似ていますよね。。

今日は彼女にインド・カレーを教わる予定restaurantインド人にインドカレーを教わるなんて、とっても嬉しいですscissors

お料理名は「バター・チキン(Butter Chicken)」
まずは彼女おすすめのyoutubeのサイトで作り方を確認pc
http://www.youtube.com/watch?v=tD9O-L2Xvzo

彼女は作り方をちゃんとメモしておいてくれていて、ノートにはびっちり予習の後がpencil
素晴らしい~。

しかも、使う予定の鶏肉はすでに切ってスパイスと混ぜておいてあり、玉ねぎなどの野菜も切っておいてくれました。親切~heart04Oct_29_09_021

作り方は、今日はアップしないので、後日、公開しようと思います。

作っている最中に、彼女が結構“手”を使うことに気が付きました。ソースを移したりする時でも、ヘラなど使わずに、手でじょうずにできちゃうのです!驚いている私を見て

彼女「料理番組を見ていると、手を使わないよね。あなたも使わないんだ?私は手を色々と使うよ~」

さらに。
煮込んでいるときにも、味見する時にヘラから直接に手にソースを付けて舐めちゃう彼女。

彼女「味見する~?手を出して」

私「え?」

おそるおそる手を出してみたけれど・・・アチ゛━━Σ(゚д゚;)━━!!

火傷気味で真っ赤になった私の指を見て

彼女「ごめーん!あなた、手をあんまり使わないんだったね~」

と言いながら、彼女は大笑い (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

Oct_29_09_022そんなことをしながら、時間をかけて沢山のスパイスを使ってバターチキンのできあがり!

続いて、冷凍になっているパラータが登場。

パラータとは、パンの種の入っていない平らなインドのパンのことです。そのままフライパンでオイルもひかずに焼く事ができます。オイルは中に入っているので、入れる必要が無いとのこと。Oct_29_09_0262

冷凍だったら私も簡単に作れるし、今度、私も買ってみよう~っと!

そして、お楽しみの、味見タイム。

Oct_29_09_0282_2 一口食べると。

うほぉ~heart01

めちゃくちゃ美味しいレストランみたいな味になりました~。いつもインドカレーを食べると、複雑な味がして、どうやって作るんだろ~?と思っていたのですが、こんなにスパイスを沢山つかって、こんなに時間をかけて作ったりするものなのね。。納得confident

その後、家の近所をお散歩におでかけ。

Oct_29_09_041_2

てくてくと歩いて行くとハドソン川沿いに出られて・・

素晴らしいマンハッタンの景色が見えました!

ハドソン川沿いは、さすがに最高のビューが見えるため、豪奢な住宅が多く並んでいました。

ハロウィンの飾りつけも本格的で、家の前にガイコツのマネキンを並べているお家も。Oct_29_09_047_2

そして、またてくてくと歩いて行くと、インドのお寺に案内してくれました。インドのイベントがある休日など、ご主人と来たりするのだそうです。

彼女「中が見たい?見たかったら入れるよ」

私「もちろん!みたい!」

入ると、ちょうど中には誰もいませんでした。次のドアの前で靴を脱ぐようになっていて、その中はじゅうたん張りの大部屋になりました。正面には、神様が祭られていて金色でキラキラshineちょっと日本のお寺みたいな感じです。。

じゅうたんに正座をして、床に頭を付けてご挨拶をします。

それから、左右の神様を案内してくれて、手を合わせました。

最後にまた、じゅうたんの上で、今度はちょっと瞑想するそうです。。静かでちょっと気持いい。

出口のところで、水を手に貰い、ちょっとふくんで残りを頭にかけました。それから氷砂糖とナッツをもらって食べ、切った林檎も置いてあったのでひとつづつ頂いて帰りました。。

インドのお寺に入ったのは初めて。私には素晴らしい体験でした!

ぐるぐると散歩をしてから、彼女に家に戻り、写真を見せてもらったりしながら、色々とおしゃべり。

彼女とは出会って間もないのだけれど、結構、意気投合して仲良くなりました。もうすぐ引っ越してしまう私は、彼女に会うのは今日で最後。お互いに、もっと早く出会っていれば良かったねと、これで別れてしまうのはもったいない気持になりました。

また、今後も連絡取ろうねと約束してバイバイ。

少しの間だったけれど、出会えて良かった!

(お料理については、後日、アップしようと思います~)

| | コメント (2)

2009年10月26日 (月)

韓国のシリコンパックシート (Ki-Gold)

Oct_17_042 忙しくて、化粧水を買うのを忘れてしまった!

でも、NYはすでに暖房が入って乾燥気味。化粧水の代わりにパック・・ということで、持っていた韓国パックをしてみました。

先日フラッシングへ行った時にちょっと裏道を歩いていたら、韓国系のヘアケアショップを発見。一見、問屋さんみたいな店構えのお店が数件ある通りなのですが、入ってみるとヘアケア専門店で、美容師さんが使うようなブラシやシャンプーなどを販売していました。

シートパックのコーナーを見ていたら、私が日本人と分かったのか、ショートカットの爽やか美人の店員さんが日本のシートパックをおすすめしてくれました。でも、日本のは何度も使ったことあるし、せっかくだからここでしか見つけられない物を見つけたい私eye

そこで興味をもったのは、このパック(上記写真の黒い袋)です。韓国のシリコンパックで、高麗人参を調合したものだとか。一袋4ドルくらいで買ったのですが、色々とお話していたら、シャンプーの見本もいくつかくれました。

アメリカでは、色々とお話をすると、試供品をもらったりサービスしてもらったりする事があります。だからって、わざと話をしてるって訳じゃないのですが。日本では、沢山買うとサービスが付きますが、そうじゃなくて、興味を持っている人に親切になるっていうのが面白いなって思います。

このブランドのKi-Gold(キ・ゴールド)というシリーズは、シャンプーで有名だそうで、地肌に働きかけて髪を健康にするすごくいいシャンプーなんだそうです。このシャンプーが使ってみると、髪にこしが戻ってとってもいい感じheart01

Oct_17_043それなので、パックにも期待充分。

化粧水がないからという理由で使うにはもったいないのですが、シリコンパックの方を使ってみました。

袋をあけてみると、

ホントだ~ゼリーみたいになってる~heart04

写真撮影は上手にできなかったのですが、白いプラスチックのシートにくっついている透明なのが、シリコンのパックです。水分が豊富のため、撮影している間にも、ポタポタと美容液が床に落ちていましたsweat01

顔につけてみると、従来のしっとりした紙のパックと違って、吸い付く感じ。

できあがりは、もちろん、水分をすってモチモチのもち肌fullmoon

4ドルくらいで、エステに行ったような肌になりました~!

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

ジャズ・スタンダード

ジャズを聴きに行って来ました~!

NYをもうすぐ離れる事になったので、日本人の主婦友達が記念にジャズレストランへ行こうと色々調べてくれました。NYでジャズレストランに行ったのは、日本から来た友達の希望で案内したことあるくらい。そんな贅沢なんてほとんどしてなかったし、せっかくだから最後にジャズを聴きに行こうと楽しみにしていましたnotes

が、しかし!引っ越し疲れで体調が悪かった私は、当日になって突然、発熱!ともかく夜までに薬を飲んで寝まくり・・少し熱が下がった状態でフラフラになりながら会場へwobbly

6時45分会場、7時半から演奏ということで、6時半に現地に着いた私でしたが、友達はすでにレストラン入り。さすが、日本人だわ~。おかげで、一番前の席をゲットしてくれていました。

ジャズ・スタンダードは1階にレストラン「ブルー・スモーク」があって、そこのお肉がNYの名物だということ。がっつり食べる感じの、大きな骨付きお肉のセットなんですが、店名の通りスモークが効いててとっても美味しいpunch

フラフラで、一日ほとんど食べてなかったのに、結構、食欲があって自分でもビックリ。アメリカのお肉って、普段はあんまり美味しくないな~と思って食べてるのですが、こういう食べ方をすると美味しいのね、って改めて思いました。

そして、演奏はサックスのジョシュア・レッドマン(Johsua Redman)さん。きっと有名な人なのだろうけれど、ジャズは良く知らないし、体調も悪いので、もしかして眠くなってしまうかも。。なんて思っていたのだけれど、全然!最初にアップテンポの曲が演奏されたとたん、かっこいい~!と、あっという間に引き込まれてしまいました。

さらに、私たちの席はドラムの目の前だっただけに、ドラムに自然にひきこまれたのですが、めちゃくちゃカッコイイ!ドラムってカッコイイんだ!と初めて思っていたら、後から一緒に行った友達もまったく同じセリフを言っていましたgemini

私は個人的に、いつもアップテンポで元気のある曲とか、ヒーリング音楽なんかが好きで、悲しい曲やバラードは好きではないタイプ。数曲目に、悲しい曲が流れたとたん、「あ、この曲だけは、好きではないかも・・despair」と思ったのだけれど・・・聴いているうちに、ソプラノサックスから流れる悲しさや切なさが、うわわわ~っと心の中に入ってきて、自分が違う世界に連れて行かれた感じになりました。

やっぱり、ジャズというのは、黒人の人たちのそんな気持ちを表現しただけあって、こういう大人な部分の音楽にこそ、良さがあるのだな~ということを少し分かったような気がしました。

本場のジャズを肌で感じて、素晴らしい経験となりました。

一緒に行った友達は、私がNYに来た最初のお友達。帰り道に友達と、当時からのことを色々話したりしながら、ロックフェラーセンターのツリーの点灯式に行ったね~とか、あれは楽しかったね~とか、色々と思い出話。私は頭がちょっとぼーっとしていたので、回転が遅くなっていて、思い出をふわぁ~っと考えながら帰宅しました。。

友達、どうもありがとう!

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

ニューヨークでちょっとインドを知る

10月に入り、ニューヨークもだいぶ寒くなりました。セントラルヒーティング(一定の温度以下になると入る、家の中の暖房)もオンになったりオフになったりしています。。

今日はインド人の友達に会って来ました。彼女は1人で家にいると、気が狂いそうになるのだとか!とかで、色々と会うことにしています。でも、お金はかけずにねwinkどこでもあなたの行きたいところへ行こうというので、私の好きなサウス・ストリート・シーポートへ行くことにしました。そこは、船もあるし、赤レンガもあって横浜みたいで好きなんです~ship

主婦の彼女はいつも、夕飯の下準備をしてから家を出来るらしく(色んなカレー料理があるらしい)、本当にえらいなぁと感心します。今日はチキンをヨーグルトとスパイスにつけて、冷蔵庫に入れてきたとか。そうすると、チキンが柔らかくなるんだそうです。当たり前に話すけど・・・うーん。なんだか本格的restaurant

彼女「それでね。オニオンフライを入れたいのだけれど、どこで手に入るか分かる?」

と会うなりの注文!しかも、オニオンフライって、あの、イカリングみたいになってて、ダイナーとかでハンバーグの横に付いて出てくる玉ねぎのフライのこと?

と思って、グランドセントラル駅に行く予定だったので、駅の中のスーパーへ連れて行った。そしたら

彼女「わお~!こんなところにスーパーがあったの?知らなかった!」と大喜び。

スーパーといっても、駅の中の一つの通りで、左右には魚屋さん、八百屋さんなどが通り沿いに並んでるっていうものなんだけれど、結構な高級食材が並んでいます。私がフライの売り場をさして「ここら辺にある?」と聞いたら、首をふる彼女。。そのまま、色々と見ながら歩いてたら、彼女が「あーここにあるかも?!」なんて寄っていった。そのお店はスパイスのお店でした。

Oct_02_09_008

よく見ると、オニオンって書いてある袋が3種類くらいある。微塵切りになってるのとか、粉になってるのとか・・・。

へえ~こういうのが欲しかったのか~。

Oct_02_09_005

彼女「お店の人に聞いたけど、ただ焼いただけのオニオンしかないんだって。私が欲しいのはフライなんだけど・・・ま、いいわ、今日はこれで代用するわ!」と言って購入。

私「すごいね~。スパイスなんて、ほとんど買ったこと無いよ」

と言ったら、これはタンドリーチキンカレーを作るときのものとか、これはカレーにいつも入れるものとか、これはイタリア料理に使うものとか、色々と教えてくれました。良く見ると、私の知ってるシナモンとか、クミンとかも売っていました。

Oct_02_09_017 その後、サウス・ストリート・シーポートへ。

やっぱり岸辺は風が強くて肌寒い・・

けど、なんか気持いいね~なんて言いながらふと帆船を見たら、

彼女「あ!インドの国旗だ!」

良く見ると、インドの国旗がいっぱいなびいていました。Oct_02_09_021

私「さっき、あなた、今週末はガンジー生誕記念日で、インドでは連休だって言ってたよね。それでだよ、きっと!」なんて嬉しくなってしまいました。(きっと深く調べると、船との意味があったり、イベントなんかもあるのではないかと思います。NYってそういう所だから)

彼女からインドの国旗の意味を色々と教えてもらい(こういうのが語れるって外国人って、すごいなぁ)、彼女が写真を一生懸命撮ってる横で、私も一生懸命撮ってたら

彼女「なんで、あなたがインドの国旗を撮ってるの?面白い人だねぇ」

と言われてしまった。でも、彼女と一緒に来なかったら、インドの大きな記念日も知らず、インドの国旗にも気付かず通り過ぎてたと思うし、やっぱこういうのが、アメリカならではの楽しみ方ではないかなと思います。

※10月2日ガンジーの生誕記念日です。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

日本のカレーの作り方を、インド人に教えました~。

トルコ人姉妹の帰国日に、初めて出会ったインド人の女性。彼女はトルコ人お姉さんの友達で、私はトルコ人の妹の友達だったから、今まで話を聞いた事もなく、全くの初対面。でも話したら明るくて話しやすかったので、連絡先を聞いておいた。winkちゃっかり

でもその後、私はちょっと忙しくて、そのまま・・放置状態・・coldsweats01ごめんね。。そうしたら、彼女から連絡が来た。積極的~heart01

この間、初対面で会った時、彼女との会話の共通点としてカレーの話をした。

私 「インドのカレー好きだよ。インドレストランもたまに行くよ~。ジャクソンハイツにある美味しいお店知ってる?」

インド人 「えっ?あなた、インドのカレー食べるの?日本とインドのカレーって違うよね。私は日本のカレーも食べるよ」

私 「え?本当ーーーーーsign02」w(゚o゚)w

日本人がインドのカレーを食べるのはよくあること。日本には本格派インド料理レストランも沢山あるし、スープがサラサラの、黄色、オレンジ、緑のカレーやパラパラのご飯は好きな人も多い。でも、インド人が日本のカレーを食べたことあるの?!ビックリsign03

インド人 「ゴーゴーカレー好きだよ」

私 「えー?!ゴーゴーカレー行ったことあるの?」

(ここで解説)“ゴーゴーカレー”はニューヨークにある日系のカレー屋さん。ヤンキース松井選手にちなんで名づけられたお店(松井選手の背番号「55」→「ゴーゴー」→「GO GO」っていう日本人な分かる流れ)で、日本のカレーライスのお店ですrestaurant 

という話を初対面でしていたので、今日は日本のカレーの話になった。

インド人 「ねぇ。日本のカレーって作ったことある?」

私 「うん。しょっちゅう作ってるよ。簡単だし」

インド人 「どうやって作るの?」

私 「いや~昔は、小麦粉とかから作ってたらしいんだけどね。今、私達は市販のカレールーを買って来てそれをスープに溶かして使うんだ」

インド人 「あー!それ買いたい!」

私 「まじめに?」  ( ̄◆ ̄;) 

ということで、日系スーパーに連れて行きましたがな。。そして、牛の成分が入ってないかどうか詳しくチェック(宗教上、牛は食べないから)。大丈夫なのを選んで、ご購入moneybag

インド人に、日本のカレーの作り方を教えちゃいました~happy01

Sep_23_09_002 その後、ユニオンスクエアのファーマーズ・マーケットなどをグルグルと歩いてから、ホールフーズで休憩。

本当は暑いのでジュース休憩と思ったのに、二人ともおなかがすいてたので、量り売りのデリコーナーへ足が向いてしまった。。ホールフーズでは、カレーがすっごく美味しい。

私 「ここの、カレーすごく美味しいよね。このオレンジのとか」

インド人 「え?あなた、このインドのカレー好きなの?」

私 「うん。大好き。日本人は皆好きだと思うよ。日本から友達が来て観光案内する時、(実際、レストランに入るにはちょっと時間が無い時とか、ホールフーズでカレーをおすすめします)友達をつれてきたら、大感激してたから~happy01restaurant

ということで、ちょこっとだけカレーを盛って購入。二人で、つついて食べました~heart04(会ったの2回目なのに、長い友達みたい)

明るい彼女もちょっとシリアスな話に。彼女は留学生ではなく主婦なので、私と似たような感じ。彼女の話を聞いてると、私と状況が似てるなぁ~と思いましたthink。。

でも、彼女は英語がペラペラ。インドではヒンドゥー語と地元の言葉以外に、英語が共通語で、大学では英語で勉強してたそう。なので彼女はたまに、NYUの授業を取ったりしてる。。図書館でボランティアをしたこともあるとか。。まあ、なんて羨ましいsign01

私 「英語が話せるから、私よりだいぶいいよ~。私なんて、ボランティアすら断られたことあるんだから」と言ったら、

でも英語に問題がなくても、それでもやっぱり、ここでは働けないし自分の居場所が作れなくて寂しい思いをしてるとの事。。うんうん。同じ。

・・とは言え、たぶん、彼女は私と違いお嬢様だと思う。服装もジーンズとかでカジュアルだし、私と同じくらい倹約しているけれど、それはアメリカでの生活で、母国では違うのではないかな。。なんか会話の端々で感じました。。

色んな人がいるアメリカです。

 

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

友達の帰国

お姉さんと一緒に留学していたトルコ人の友達が、留学期間を終えて帰国しましたairplane

英語学校で出会った私達は、当初はグループでした。確か、日本人の女の子も一人いて、一緒にランチを食べるときもありました。クラスの終了後、会うたびに人が減っていき、結局、私達だけが続いています。

この一年弱、私たちはいい友達になりましたgemini。トルコとアメリカの通貨の違いから、彼女は常に倹約していたし、私も専業主婦なので、お互いにお金をあまり使わないで遊べたのも良かったのかも。それでも、無料フェリーに乗ったり、美術館へ行ったり、ブルックリンブリッジを渡ったり、セントラルパークなど公園を歩いたり、結構色んなことができましたshoe

彼女とは、アメリカに住んでいる“外人”という共通の立場から、「アメリカってこういう所がいいよね」または「こういうところが悪いよね」と話したり。また「日本ではどうなの?」「トルコではどうなの?」とお互いの国の話もできたり。彼女と話す事で、自分が常識と思ってた事が、全然そうでなかったりすることも知れて面白かったですheart04

何にでも積極的で、自分のやりたいと思うことをどんどん行動していく彼女には、いつも驚かされましたcoldsweats01。そして彼女はすごくまめ。私はあまりまめではないのに、しょっちゅう連絡が来る。だから付き合いもこれだけ続いたんだろうなぁと思います。だから最終的に涙の別れができる程、いい関係になれたのも全部、彼女のおかげだと思いますcrying

彼女自身も、ニューヨークに来た最初の2ヶ月は、本当に辛くて嫌だったけれど、数ヵ月後にこんな風に友達が出来て、素晴らしい時間が過ごせるなんて想像しなかったし、今はニューヨークを離れるのが寂しくてしょうがないって言っていましたthink

帰国の日の朝、彼女と彼女のお姉さんと、お姉さんのお友達のインド人と私の4人で、ブライアントパークで会いました。そして、そのうちにお互いの国の話しへ。

トルコ人「ニューヨークは安全。トルコでは、公園で、こうやって隣の椅子に自分の荷物を置くなんて無理(といっても隣にピッタリ置いてるのだけど)。しっかり抱えてないと、取られちゃうよ」

私(日本人)「え~すごいね。日本では、公園のベンチに座って隣に荷物を置くなんて普通。日本はニューヨークより安全だよ。犯罪率も全然違うし」

インド人「あ~日本はすごいね。インドもすぐに取られちゃうよ」

と、またもや日本は世界でも稀少派。その後、友達がお土産を買い物するというので、付き合った。買い物の後で、彼女のお財布moneybagが鞄から見えてたので、私が“ちゃんとしまった方がいいよ”と注意したら、

インド人「気をつけてね。ここは日本じゃないんだから!」

と言うので、皆で大爆笑sign03

そんなことをしながら、この中の何人かもしくは全員とはもう二度と会わないかもしれないんだな~と心の中で思ったし、もしいつか会うことが出来たとしてもその時は私達は今とは違う、少なくともこの4人で集まって話すことはもう二度とないよな。。って、しみじみ。。この瞬間は、もう二度と来ないんだよな。だから今を大切にしたいなと。

いい出会いに感謝ですheart01

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

ユダヤ教の休日

今日から三連休だ!イエーイ!Sep_5_09_039

午前中はのんびり過ごして、夕方、散歩がてらスーパーへ買出しに行くことにした。ゴロゴロとショッピングカーをひっぱりながら、ぶらぶら・・。上から実のカケラがボロボロと落ちてくるな~と思ったら、りすが木の上で食事中。

ふと見ると、ユダヤ教のコミュニティセンターのドアが開いていて、その前に男性が立っている。黒いスーツに高帽子drama、もじゃもじゃのヒゲ。ここは、ロシア系ユダヤ人のコミュニティのある地域なので、ユダヤの服装の人は特に珍しくもないけれど、入り口が開いているのは珍しい。『今日はイベントでもあるのかね』なんて言いながら通り過ぎようとした。

すると、その男性がつかつかと真っ直ぐにこっちに向かって歩いて来た。そして「ちょっといいですか」と話しかけて来たからビックリsign01(住んでいる人は分かると思うのだけれど、あるコミュニティにまとまって住んでる人たちは、あまりそれ以外の人には気軽に話しかけてこないという特徴がある)

その男性が言うには、イベントの準備でちょっと手伝って欲しいことがある、とのこと。それで建物の中に入って欲しいと。時間はどれくらいかと聞くと、1~2分だと言う。ん??

ここで、もし夫ひとりだったら、結構早歩きで目標に直進タイプなので話しかけられなかったかもしれない。私の方はよく人から話しかけられるタイプ。でも、私1人だったら、断っていたかもしれない。。多くの日本人がそうなように、宗教に対し“勧誘されちゃう?”“お金を取られる?”とかも思うし・・coldsweats01。って、ユダヤ教はユダヤ人しか入れないから、勧誘はされないけれどね(ちなみにユダヤ人の男性と結婚しても、奥さんはユダヤ教には入れないんだそうです)。

でも、夫は迷いもせず「ちょっと言ってみる?面白そう・・」と気軽に言うので、私も「う、うん」と付いて行った。だって、前からこのユダヤ教コミュニティセンターの中を見てみたいと思っていたんだもーんeye

建物の中に入ると薄暗い。。皆きちんとした服装をしているから、Tシャツにサンダルで入るのが申し訳ない感じ。。「おじゃましまーす」と言ってお辞儀をして入って言ったら、中にいたおじさんが微笑んで立っていた。。

何をするんだろうと思っていると、部屋のスイッチの前に来て「ここのスイッチを押して」と言われた。夫が、ポチッと付けると、「そう、それでいいです」との返事が。

夫は(スイッチを押すだけ?)「???」と言う顔をした後に、「あ、はぁ~!」と“そういうことか!”という顔になったので、私も「あ、ああ~!!」と理解した。すると、さっき微笑んでいたおじさんと目があって、彼も(そういう意味だよ)と言わんばかりに、うんうんとうなずいている。

そう言えば、キリスト教の日曜日みたいな感じで、ユダヤ教にも休暇日があって、しかもユダヤ教の正統派と言われる宗派の人たちは、その日には、働いてはいけないどころか一切の“仕事”をしてはいけないと聞いた事がある。だから、スイッチを押すことすら働く事になる、ということなのだ!

そうして、スイッチをいくつか押したら、「ありがとう」と言われて、ボランティア終了。建物を出る前に奥にステンドグラスが綺麗なチャペルみたいなのが見えて、正装をした人が続々と入って行くのが見えた。

それにしても、彼dramaが私たちのところに真っ直ぐ歩いてきた意味が分かった。同じ宗教の人に頼んだら失礼だし、他宗教によっては問題があるかもしれない。老人を散歩させてる人とか、急いでいる人もいる。いかにも異教徒(外見的にアジア人だし)で、暇そうにぷらぷら歩いていた私たちcatfaceSep_09_58_065_2

思いっきり適任だ。

NYらしい、体験で私的にはとっても面白かった。

→近所で見つけた、ハヌカ(ユダヤ教の冬のイベント)のことが書いてある絵本&塗り絵。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

カモって・・・

近所にひろ~い墓地があって、「おじゃましま~す」と言いながら、たま~に通り抜けさせていただきます。。墓地といっても、日本のとは違って、芝生が広がっていたり、綺麗なお花が植えてあったり、噴水や池があって公園みたいで気持いい。お墓参りの人もいるので、大声なんかは出さないように歩きます。

そして、たまに会うのはカモの群れ。

池の真ん中にカモの銅像があるのだけど、なぜか集まって皆同じポーズ。

Aug_29_09_006アップで撮ってみた。

足元にはカメもこおら干し。。

Aug_29_09_007

出るときは、「おじゃましました~」と墓地にご挨拶。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧