アメリカの食生活(食品・料理)

2009年10月21日 (水)

マンハッタンのインド人街を散策~!

引っ越しの準備で、ダンボール詰めの毎日。腰が痛くなってきた・・・。積極的な友達が「会おう!」というので、休憩がてら会いに行って来ました~。

インド人の友達に会ってすぐに「ミソスープが買いたい」と言われたので、またまた日系スーパーへご案内~。日本食は食べなそうな彼女なのに、味噌汁なんて、飲むのかな?と思ったら、彼女の好きな健康食品などを紹介するドクターなんとかっていう番組で、味噌汁が大豆成分があってすごく体にいいと言っていたとのこと。そういう事だったのかぁ~confident

味噌汁と言っても、だしから作るというのは難しいと思うので、インスタントを紹介。「これは、中に海藻が入ってるんだよ」と説明したら、乾燥した海藻も別で買ってみたいとのことで、「すごく増えるから、一袋全部使わないようにね」と言ってご紹介しました~。

Oct_17_029 今日はその後、インド人街へrun。マンハッタンのレキシントン・アベニュー沿いの28丁目近辺は、小さいインド人街になっているのです。

最初にインドのスーパーへbag。ここはクイーンズのジャクソンハイツにあるインド・スーパーに比べたら小さいけれど、結構、奥行きもあり、だいたいの食品が置いてあるようです。

私も、いつもジャクソンハイツでは何が売ってるんだか分からないので、探検って感じでインスタントカレーくらいしか買うことができないのだけれど、今日はインド人という強~いアドバイザーがいるおかげで、色んなことが分かり、買ってしまいました~。(ちなみに、ニュージャージーに住んでいる彼女は、普段はそっちのスーパーを使っていて、こっちのお店はマンハッタン価格だと言っていましたdollar

私が買ったのは、インスタントの味ご飯、ターメリック・パウダーやコリアンダー・パウダーの小袋などを色々。本当は瓶詰めの食品が色々と気になったのですが、引越しをひかえているため、瓶のはジンジャー&ガーリック・ペーストしか買えませんでしたsweat02Oct_17_022

瓶詰め食品で他に気になったのは(写真右)の、チャツネ。

チャツネは、インド料理ではよく小皿に色々盛ってあるソースのことで、パンに付けたり箸休めにしたりして食べるもので、種類も色々とあるのですが、この瓶のは、トマト&ペッパーとか、ホット・マンゴーとか、なんだかすごく美味しそうでした~。

Oct_17_027あと、紹介された中で気になったのはこちら。

コリアンダー・チュトニー(Coriander Chutney)って書いてありますが、チュトニーはペーストになっているソースです。

コリアンダーの横はミント。どれも美味しそうでしたhappy01

お店の中には他にもちょっと仏像のコーナーがあって、ガネーシャ(象の仏像)があったり、お供え用のロウソクがあったり、またはシャンプーなどが置いてあったりと、本当にインドの人が来て買っているんだなぁ~と分かる様子。さすがマンハッタンです。

色々見ていたら、お腹がすいて来た。今日はインド・レストランに連れてってもらう約束だったので、スーパーを後にして行くことにしましたrun

そして、彼女おすすめの南インド料理のレストランへ行ったら、夕方からのオープンでまだ閉まってた!ガーン!

Oct_17_031 近くの彼女が行った事ないというレストランへ入りました。私の友達は南インドの出身。彼女いわく、北と南では気候も違うし、文化も異なっていて、人も全然違うのだとか。南インドを愛する彼女は、南インド料理というのを教えてくれました。

写真上は、マサラ・ドサ「Masala Dosa」

クレープみたいな薄い皮の料理です。Oct_17_035 クレープは手でちぎって、下のカップに入っているカレーや、隣のココナッツ・ソースに付けて食べます。そのまま食べても味があって(御菓子のベビースターみたいな香ばしくて塩見のある味)かなり美味しいですheart01

中身は写真右です・・でもかなり手ぶれで分からないけど、カレーコロッケの中身みたいな感じです。カレーコロッケって、このマネなのかな?って思うくらいそっくり(笑)。

Oct_17_033 彼女のオーダーしたのは、写真左。

イディリ・ワダ「Idli Vada」です。

ドーナツみたいなのは、甘くなくて、肉厚のさつま揚げみたいな味がしました。白い方は、蒸しパンみたいなものです。

こちらも、お皿に入っているカレーや、ココナッツ・ソースに付けて食べても美味しいです。

Oct_17_037 そして、最後はチャイを飲みながらデザート。

グラブ・ジャモン「Gulab Jamoon」です。

状態としては、やわらかい揚げパンを、砂糖シロップに漬けてある温かい食べものです。冷たくして、アイスと一緒に食べたりしても美味しいそうです。

こちらは、結構甘くて、二人でひとつで充分でした。Oct_17_039

そして、最後に面白かったのが、彼女がレストランの出口のところで、あるお皿に盛ってあったスパイスを彼女が取ったこと。

お口直しのスパイスなんだとか。食べてみましたが、仁丹みたいな不思議な味でした~。そして、ふと、自分の手を見るとsign02

「あれ?手が黄色い!カレーを沢山食べたから?!」

と言っていたら、彼女が大笑い!

「ドーサを手で取って食べたからだよ~」とのことでした。

私はてっきり、みかんみたいに食べ過ぎると手も黄色くなるのかと思ったよ。。coldsweats01

ここのレストランは、味は美味しかったのだけれど、店員があまりに来てくれなくて、どこのテーブルの人も困り顔。彼女がしきりに「サービスが悪い」「もう二度と来ない」と怒っていたので、今回はご紹介しません。でも、この料理たちは、南インドの代表的な料理だそうなので、南インド料理レストランならあるものです。

日本で本格インド料理っていうと、ナンがついた北インド料理が一般的。なので、私は南インド料理というのを意識したのははじめてでしたが、どれも美味しい!日本人の口にも合うので、もっと広まったらいいのにな~。

と、彼女に言ったら、「じゃあ旦那に日本にお店を出すよう、アドバイスしておくよ」と言ってました~!

| | コメント (2)

2009年10月 7日 (水)

タイのグリーンカレーペースト

Oct_02_09_022 食料棚を整理していたら、こんなのが出てきた。

タイのグリーンカレーが好きな同居人が、自分で作ろうと思って、以前、アジア食材店で買ったグリーンカレーのペースト。でも、一向に作る気配はない・・というか作る時間がない・・ので、忘れ去られていたらしい。

それで、料理の苦手な私が挑戦することにした。作り方は意外と簡単。

1.カレーペーストを炒める。

2.肉を加えて火が通ったら、ココナッツミルクを加える。

3.切った野菜を加えて炒め、鶏がらスープの素、パームシュガー(砂糖で代用)を加えて味をととのえる。

4.野菜を少し煮たら、お皿に盛って、パクチーとパプリカをのせて出来上がり。

え~っ!こんな、簡単?!

さすが、“もと”は違うなぁ。。まあ、本当はパイマックル(みかんの皮)とか、使うと本格的になるんだろうけれど、無くてもできそうpunchやる気マンマン

野菜は、ナス、パプリカの他、本当はタケノコを入れるけれど、家にあったマッシュルームで代用。ココナッツミルクは無かったので、家にあったココナッツパウダーを水で溶かして代用。

できた~!と思って味見をしたら、おいしぃ~

でも・・・

カラーーーーーーッ!!!

パッケージには、カレーペーストを大さじ4杯入れるって書いてあったけれど、日本人のサイトを見たら『タイのレシピでは大さじ4と断言してますが、日本人では1~3』と書いてありました。ゲゲッ!

砂糖を加えても味に深みが出るだけで、この辛味を抑えるには、ココナッツミルクしかないみたいsweat02

夕飯に出してみたけれど、私は少し食べたら咳き込んでしまい、ギブアップbearing

同居人は、大汗をかきながら小盛りのお皿を食べたsweat01その日、彼は体調が悪く熱っぽかったのだけれど、この大汗の後、「なんか、体調が良くなってきた」と言い出した。うーん。なんか、おかしくない?

しかし、大量にあまってしまったグリーンカレー。

翌日、あわててスーパーへかけこみdashOct_06_09_005_2 アメリカのスーパーでは、ココナッツミルクはどこでも売ってるから、助かったぁ~。ふぅ~。

買って帰って、少し加えてみた。。味見をすると、まだ辛い。

味見をして、また加える。。加える。。加える。。

カライのが苦手な私は、とうとう一缶入れてしまった!

出来上がったのは、グリーンカレーというより、ココナッツスープのグリーンカレー味。

Oct_06_09_001

二日連続で同じ料理なので、新しい具を加えて、ご飯を、そうめんにしてみた。

まあまあの味だったけれど、これでもまだ辛いくらい。

このペーストはまだ沢山、残っていますsweat02

| | コメント (2)

2009年4月 5日 (日)

タジキスタン家族のお肉屋さん

今日は、この春一番の暖かさだったんではないでしょうか。近くの大きな公園へ散歩に行ったら、人が沢山いて驚きました。まぁ、この私も、冬の間は公園の散歩など行きませんからね。NYの冬は本当に極寒ですから。。

帰り道、久々の道を通ったら、見たこと無い店がある!もしかして乾物屋さん?と入ってみると、コッシャー料理のお肉屋さんだった。コッシャー料理というのは、ユダヤ教の食べ物のことです。NYはユダヤ人が多いのですが、私の住む地域は得に、ロシア系のユダヤ人が多く住んでいる地域なのです。

お店の中は、日曜日の夕方とあってお肉はほとんど売り切れ。「必要なお肉があったら、切れるよ」とオーナーが声をかけてくれたけど、他の食材を見てみた。オリーブが安い!アメリカに来てからオリーブ好きになってしまった私は、即購入。

他にはドライフルーツのセットを買って、お会計。見たことのない、ドライフルーツがあったので「これは何?」と聞いたら、小さい干しブドウとのこと。すっぱくて、料理に入れたりして使うと、おばちゃんらしき人が答えてくれた。おばちゃんは売り上げを数えていたので、「あんた、お会計やってよ」みたいな事を言われた隣にいたおじちゃんが、のんびりとレジうちをしてくれた。

レジが終わったら、おじちゃんが、おもむろに店に出てきて、スパイスを指差して、これはすごく美味しいんだと説明をしてくれた。ジップロックに入って$1.99で売ってるスパイスをあけて香りもいいんだよと、かがせてくれた。この中にも、小さい干しブドウが入っているらしい。いい香りだし、面白そうなので買ってみることにした。

Tambur_3  作り方を聞いたら、おじさんは片言の英語で一生懸命、お肉とご飯と一緒に炊いて作るというのを教えてくれた。どこから来たのか聞いてみたら、タジキスタン出身なのだそうです。お肉を切っている息子さんは英語がペラペラだったのだけど、彼がオーナーで、レジにいるのはご両親らしい。私たちが日本人だと言ったら、モンゴルから続いているから近いよと言って、おじさんが自分のCDを見せてくれた。本当はタンブールという楽器奏者なんだそうです。どんなのか聞いてみたいと言ったら、「今度来た時、聞かせてあげるよ。きっと泣くよ~」と、おじさん。

Photo 家に帰って買ったスパイスの「Plof」(プロフ)という名前をインターネットで検索してみたら、この地方の伝統的な料理だと言うことが分かった。油で炒めた人参や玉ねぎ、牛肉、各種スパイスと一緒にお米を炊き上げて作るそうです。

(写真、説明:ゾウジルシ 世界のご飯より)

外務省のサイトによると、民族はタジク人79.9%、ウズベク人15.3%、ロシア人1.1%、キルギス人1.1%となっている。宗教はイスラム教とのこと。でも、このお店の人はユダヤ教みたい。コッシャーフード(ユダヤ教の料理)の食材店だし、お店もパスオーバーというユダヤ教の行事の期間はお休み。外見も白人みたいだし・・・。もしかして、母国では少数派、それで昔、NYに移住して来たのかも。。。息子さんはアメリカで育ったから英語がペラペラになって、大人になってお店をひらいて、ご両親を支えて生活している。素敵な家族なのかな。なんて、ドラマチックに考えるのでした。。

 

 

| | コメント (2)

2009年3月26日 (木)

Turkish Breakfast~トルコ式の朝食・伝統的スタイル~

「今度、トルコ式の朝食を作りに行ってあげるね!」と言ったトルコ人の彼女。今日は材料を持って家にやってきた。相変わらずすごく元気happy01

なんでもトルコでは、伝統的な朝食スタイルがあるのだとか。多くの品目を食べるため、平日はできないけれど、休日になると家族で親戚の家や友達の家におしかけて一緒に食べるのが習慣なんだそうです。普通は、前日に電話して「明日の日曜日あいてる?じゃあ行くね!」とするのだそうだけど、今日の場合は、彼女が材料を手に入れなければならいので、2日前に決まった。

多くの品目と言っても、火を通して作るのは一品のみ。

MELEMEN(メレマン)

Mar_0926_0081.オリーブオイルで微塵切りにした玉ねぎを、きつね色になるまで炒める。

2.微塵切りにしたピーマン、トマトを入れて少し弱火で煮る。

Mar_0926_010 3.卵を入れて、かきまぜる。塩コショウで味付けする。

4.卵が好みの硬さになったら、できあがり。(好みで辛いスパイスを入れてもいい)

Mar_0926_018 メレマンの出来上がりは、お皿の左奥です。

とても美味しいのでお勧めです!

材料からも分かるように、日本でも馴染みのあるものばかりなので、”外国の味”が苦手という人でも大丈夫だと思います。

なぜ今までこういう作り方をしなかったの?って感じです。

Mar_0926_006 他はチーズとオリーブ。チーズは数種を食べるらしく二種類持参してきてくれました。右の白いのがトルコのだそうですが、しょっぱくて、やわらかく美味しい!オリーブは、トルコでは黒オリーブが主流です。

奥にあるのは、ラズベリージャム。ジャムもストロベリー、ブルーベリーなど種類が色々あるり、家庭でも作るそうです。

Mar_0926_005 かかせないのがSIMIT(シミット)というパンです。

ドーナツ型で表面が硬く、ごまがまぶしてあります。トースターで焼くと香ばしくさらに美味しくなります。これは大きいサイズだけれど、本来は手のひらサイズだとか。それでもアメリカでトルコ式のパンが手に入るんだからすごいですよね。(ちなみに、アンパンやメロンパンも日系のパン屋さんへ行けば手に入りますし、他の国のもそうです)

そして、サラダ。これは生野菜(トマト、ピーマン)を切って、オリーブオイルを少しと塩をふるだけです。これも、やったことが無かったのだけど、簡単だけど美味しいので、いいこと教わった!

最後に、紅茶。トルコ式のは無いので普通のリプトン紅茶で代用しました。

そして出来上がり~shinebellcherry

Mar_0926_012 確かに、種類が豊富ですよね。

朝食と言っても実際はブランチで、お昼頃にかけて数時間、ゆっくり食べるのだとか。

トルコに旅行したら、ホテルでこの「トルコ式の朝食」が食べられるそうです。

でも、私が思うには、この沢山の食べ物を親戚や友達の家族とみんなで、ゆっくり食べる事に意味があるんじゃないかな~と思います。

食後、友達がトルコに住んでいた時の「トルコ式の朝食」風景の写真をネットで見せてもらったのですが、親戚とソファーに並んで笑っている写真だったり、外のテラスでは、いとこと一緒に食後のあいたお皿を目の前に紅茶を飲んでいたり。

写真を見ながらお互いに「親戚や友達の家族が、朝食を招待するくらい近い存在というのも素敵だね」「子供の社会性を育てる上でも大切だよね」なんて話していました。

「トルコ式の朝食」には、そういう意味がふくまれてるんじゃないかなって私は思いました。

 

 

| | コメント (4)

2009年3月 1日 (日)

ベトナム食材

カリフォルニアの友達の家では毎日が日本食だったので、NYへ戻ってきても、すぐには現地食に戻せない。。ということで、中国系スーパーで買出ししてきました。

アジアの野菜を購入。エリンギなんて久しぶり~。日本のうどんもここでなら手に入ります。

Mar09_002 ベトナム料理のフォーセットも購入。

フォーは4人分くらい $1.49

専用コンソメは1個 $0.69

ニョクナム(ベトナム料理のお醤油みたいなもの) $2.29

パクチー(写真に撮らなかった)1束 $0.50

安い!!

ただし、あまりに種類などが豊富なので、大分選ぶのに時間がかかりました。アジアから遠いのに、日本よりも沢山あってすごいな~と思いました。

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

アン・スイート -unsweetened-

July_0812_033 今日、スーパーでビックリした。アメリカは牛乳があまり良くないと聞くので、豆乳を買うこともあるんだけれど、じっくり見てみたら、こんなのを発見。

UNSWEETENED (英和辞書訳;甘みを加えていない)

アメリカでは、よく色んな物が加えられていて、牛乳だったらビタミン入りも普通。無脂肪、低脂肪も%で段階がいくつかあって選択肢は沢山ある。けれど、私は「プレインだったら普通でしょ」と思ってプレインを買って安心していた。

なのに・・・これって、なに?!

「なにこれ~!!プレインは何も加えられてないんじゃなくて、砂糖が加えられてたってこと?!やられた~!!!」と大声で言ってしまった。

表示を見たら、プレインの方は確かに砂糖が入ってる、はいってる。しかし、驚くべからず。アン・スイートの方も、表示に砂糖が入っていたのだ。

あのー。日本語訳の辞書でひいたら「甘みを加えていない」って書いてあるんですけどsweat02

私がアメリカに来て、太った訳が分かった気がする・・・。きっと、色んな所に砂糖とか、脂肪分とか、色んな物が知らず知らずに入っていて、普通に生きてるだけで太るようにできてるんだ ( ̄Д ̄||||ガーン。

そして今、ダイエット中です。

※後日、この豆乳に関しては、シュガーの表示は自然のものだということが分かりました。要するに、人口甘味料などの甘みを加えてはいないそうです。成分表の欄外に書いてあるので、今後どうか分からない場合は、表示を確認することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

賞味期限切れに気をつけよう!

Feb07_18_006 チョコレートを買ったら期限が切れていました!

ガーン!!!

でもっ!!これを買ったのは、バレンタイン用のチョコレート売り場ですよ!私はバレンタイン用に買ったわけではないんですが、お店には同じ箱でハートの包装がしてあるのもありました。バレンタイン用にそちらを買った人は気づかないまま、賞味期限切れのをプレゼントすることになっちゃう?!

アメリカでは男性から女性にプレゼントするのですが、これじゃあ彼女にふられちゃいますよね~。というか、そんな事はアメリカ人は気にしないのかな。

日本では賞味期限切れの食品販売で色々と問題になっていますが、アメリカでは結構、日常茶飯事です~(笑)。食品衛生法に違反したとか問題にならないんでしょうかね。だからいつも、賞味期限をよく見てから買うようにしているのですが、まさか、バレンタインのチョコ売り場までとは!うかつでした。。

ただ、アメリカは大抵、何でも返品できます。それでチョコも明日、返品に行こうと思っていたのですが、なんだか甘い物が食べてくなって・・・結局、食べてしまいました~。

早く食べちゃわなきゃね。

 

 

 

| | コメント (0)

2007年11月26日 (月)

超かんたん♪アップルパイ

Nov11_25_003 先日、冷凍パイシートが大売出しをしていました。

アップルパイに挑戦することに。

料理のできない私が、アップルパイを作ったなんて言ったら、日本のみんなは驚くだろうな~。

でも作ったとは言えないくらい簡単です。初挑戦なのに、作り方も見ないでいどんでしまいました。。

パイシートの生地の扱いだけは冷凍パックの裏参照。

そして、ちょっと焼いた下の生地の上に、ジャムを塗って、りんごは切って並べただけ。お砂糖とシナモンをふって、上側の生地を上からかぶせて焼きました。

Nov11_25_006できあがり~。

超かんたん♪なわりには、味はなかなかでした。

甘さ控えめのが食べられるから、手作りのもいいですね。

| | コメント (2)

2007年10月29日 (月)

NYでびわが食べられるなんて!

私の好きな果物びわ。

NYでは、とんと食べられなくなってしまった。たまに似たような果物があって、似てる!と思って買うと、たいていアプリコット。これも美味しいですけどね。

だけれど、先日、フラッシングへ行った時に、見つけたんですよ~。なんたってフラッシングですから、表示も漢字「枇杷○○」って書いてあったんです(○○のところは忘れました)。これはまさしく本物のびわではないかっ!と思って購入。小ぶりのが1個1ドルだったので、2個買いました。

Oct27_009 冷蔵庫で冷やして、切って食べたら、まさに本物の

びわ~

硬すぎず、やわらかすぎず、上品な甘さ。

子供の頃、父親の仕事のお得意さんから毎年、桐箱に入った千葉県産のびわが届いてたので、我が家はみんな、びわの大ファン。あの頃の幸せな味なのかもしれないなぁ。

それでも、NYでびわが食べられるなんて、思ってもみなかった~。

| | コメント (2)

2007年10月24日 (水)

手作りケーキのもと

Oct24_014 アメリカ在住30年のいとこから教わった、手作りケーキのもとシリーズ。

アメリカのスーパーには必ず見かける、アメリカ人なら誰でも知っているお菓子です。

種類も豊富で色んなメーカーがありますが、このマシュマロマンみたいなのが、テレビCMなんかでもお馴染のメーカーです。

他にもケーキの型や、下敷きなど、必要な物はスーパーでそろうようになっていて、手作りコーナーはすごく充実しています。きっと、アメリカでは昔から、お家でお菓子を焼いたりするのが、文化なのでしょうね。

私はブラウニーが食べたかったので、こちらを購入してみました。

Oct24_011このパッケージの作り方は超かんたん♪

中に入っている粉に、オイルと卵を混ぜて、型に流してオーブンで焼くだけです。

オーブンもアメリカのはガス台の下にくっついていて、つまみを回すだけ。

Oct24_013 あっという間に、手作りブラウニーができました!

・・・ん?これで手作りって呼んじゃいけないって?

でも、私のように苦手な人でも手作り気分が味わえるっていうのは素晴らしいです~。

味は正直、ものすご~く甘かった。なんたって、お砂糖ももともと入ってるんですから、アメリカンな味なのです・・・○×△。

家にあまっていた干しぶどうを入れたのが少し良かったから、今度はスポンジケーキの方で挑戦して、果物を挟んで食べたら、ちょっとすっぱくていいかも。

| | コメント (0)