ワシントン旅行

2007年4月17日 (火)

トローリーバスは良いよ~ワシントン観光

Apr07_17_024 昨夜はいとこの大きな旦那さんの大きな車に乗せられ、まっすぐ遠くまで見える広~い道を走り、広~い家に付き、手作りのストロベリーパイを食べ、アメリカを満喫~。

NY生活ですっかり忘れていたけれど、やっぱりアメリカはこうじゃないとな~。

Apr07_17_020 そして今日はワシントン市内一日観光!市内に勤めるいとこの娘Tちゃんのはからいでトローリーバスに乗ることに。

案内役のベテランTちゃんが言うには、バス停は観光名所にあって、どこで乗ってどこで降りてもいいし、夕方5時半まで乗り放題だからオススメなのだとか。

市内は歩いてまわるには広いし、車だと駐車スペースが面倒だから確かに便利です。

Apr07_17_021_1チケットを購入したのはここ、ユニオンステーションです。内装も素晴らしい大きな駅でした。

NYから鉄道で来ると到着駅はここです。

外観もとても立派。

NYにもユニオンスクエアとかあるし、ユニオンって付く名前の物が多いので、アメリカ人のCさんに尋ねたところ、昔アメリカでは北部の事をユニオンって呼んだりもしたそうです。ふむふむ、それでだったのか~。

Apr07_17_029 さてこちらは、リンカーンモニュメント。頑張って階段をのぼりきると、Sa_apr_168_006そこには椅子に座ったリンカーンの銅像があります。

でーーーーん!!

壁にはあの有名なせりふの彫刻が。アメリカの学校遠足みたいなグループもいて賑やか~。

Sa_apr_168_009 そして、リンカーンの見えているここからの景色は気持ちいい~。正面にワシントンモニュメンとが見えてフォレストガンプの映画そのまんま。さらに、まーっすぐ先には国会があるんだけれど、それはリンカーンがちゃんと政治をしているか見守っている為なのだそうです。日本の国会議事堂も格好いいけれど、これくらい大きくしたいもんだ~。

さて、トローリーバスの運転手さんは、運転しながらイヤホンマイクで色んな説明をしてくれますが、とっても元気!乗客もあいづちをうって盛り上がる車内。みんな、陽気だぁ~。運転手さんが「喉がかれてるから誰かのど飴くれないかい」と呼びかけるから私達は大爆笑!日本じゃありえないよね~。しかも、ちゃんとあげる人もいるし。和気会い合いだね。

Sa_apr_168_033バスは2種類の路線に乗れて、一方は少し離れたジョージタウンや大使館通りなんかも通ってくれます。日本大使館も ありましたよ~。他の大使館が彫刻が素晴らしくそれぞれ個性的なのに、日本はグレーの箱・・・う~んかなり地味ですが、それも日本っぽいかも。

このトローリーバスで一番離れたところにあるのは、ナショナルカテドラルです(写真左)。長いかと思ったけれど、運転手さんのアナウンスがずっと続いているからあっという間に到着。9.11の追悼ミサや、レーガン元大統領の国葬もここで行われたとかで、とっても大きな教会でした。宗派を超えた教会ということでも有名だそうです。

Apr07_17_045 新しい教会(1990年完成)だけあって、ステンドグラスも今までになく斬新なデザインかつ色鮮やか。こんなの見たことないよ~と思ったら、これはアポロ11号の宇宙飛行を記念したデザインなんだそうです。

Sa_apr_168_029

こちらなんて、赤い人が??

どういう意味なんだろ??

ちなみによく見る一般的な?教会のステンドグラスはこんな感じ↓Sa_mar_2808

Apr07_17_054

さらに教会内のエレベータで7階へ行くと展望台に到着。

Sa_apr_168_031写真だと見えないと思うけど、とーーーくにワシントンモニュメントが見えました!

ここでは日にちにより、アフタヌーンティーがあるらしく、紅茶の良い香りが。この景色を見ながらティータイムって、いいね~。

しかし、給仕をしているおばちゃん達が、天使の羽をつけていたのが気になる・・・。

Apr07_17_027と、他にも美術館など見てまわり、一日中観光。こんなに外出していたのは久々だあ~。今日はぐっすり寝られそう。

ところで、アメリカには至る所にある国旗ですが、今日はどこも半分までしかあがっていませんでした。その理由は、バージニア大学乱射事件があった為なのだそうです。アメリカでは、このような惨事などがあると国旗掲揚を全部あげないという配慮があるのだとか。もう、こんな国旗が見られない日を願います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

バムースバスで親子二人旅

ワシントン郊外に住むいとこの家へ小旅行。

NYからワシントンへ行く手段は、飛行機、鉄道、バス、車などありますが、私はいつもバスを利用します。アメリカの各都市を結ぶバムースという高速バスは、座席に足台もあるし、トイレも付いていて快適。

いつも思うんだけれど、ワシントン行きのバスは賢そうな人が多い気がするんですよねぇ~。服装もカジュアルだけれどきちんとしているし、本などを読んでいる人もいる。安全面で言えば、日中なら女性ひとりでも大丈夫ですよ。

乗り場はペンステーション(ペンシルベニア駅)の地上。早めに行って駅でトイレなどをすませて準備。

10年くらい前までここら辺は危険な地域で、トイレなんて入っちゃいけないという様子だったそうですが、現在は大丈夫です。でも、見た感じやばそ~な人も少なからずいるいる。そういう人は、独り言なんか言いながらウロウロしているので、一緒にいた母親は不思議そうにジロジロ見ていました。「怪しい人には、ぶつかったりしないように注意してね~」なんて大声で言いながら移動。こういう時、言葉が違うって便利です。

ペンステーションの売店は、サラダや果物売り場もあるけれど、やっぱり一番人気はマフィンのお店。みんな朝から甘いもの食べるんですね~。そんな中、日本食のお店もありました。店名はPEN SUSI(ペンスシ)。色気もない直接的過ぎる名前で、笑いながら覚えてしまった~。

母親「あ!おにぎりだ。これが一番いい。中に何が入っているか読んで!」

私「これはバーベキュー味の牛肉、こっちはバーベキュー味の豚肉、あれは照り焼きの鶏肉・・・。」

母親「やだーそんなの。肉ばっかりしかないわけ?」

私「ツナのマヨネーズ入りっていうのも一つあるよ」

母親「えー。梅干とかないの?」

私「ないない、そんなの売れない」

ということで、アボガドロールにすることに。それでも私にはマフィンより嬉しかった~(食事がアメリカになれるのはいつのことか)。しかし母親は、バスの中でアメリカのマフィン美味しい~!と大1つ食べきった。完全に負けている。。

ともあれお昼ご飯もしっかり食べて、5時間かけてワシントンに到着しました。

Sa_apr_168_018 今日の運転手さんはジューイッシュ(ユダヤ教の人)。彼らは世界中でもアメリカに多いそうですが、NYに集中している為、アメリカ人でも他の街に住んでいる人には珍しい存在だそうです。白人で服装は全身黒づくめ、直径10センチくらいの黒い皿型の帽子をかぶり(カッパみたい)、ヒゲをはやしていて、耳の前は三つ網を下げています。スタイルは色々あって、三つ網のない人、黒いつばのある帽子をかぶっている人もいます。

~バムースバス~

ワシントン行きの乗り場;W 31st St.の8th Ave.と7th Ave.の間。

ネットで席数をおさえる事はできるが、座席場所の予約はできない。また、お金は乗車してから払うので、すいている時は予約が無くても乗れる。バスは30分くらい前から止まっているので、早めに行くと席が選べる。

ワシントンへは片道25ドル

http://vamoosebus.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)